職員を激励「つながり大切に」

政治・行政

[ 2020年 10月 27日 火曜日 15時15分 ]

 18日に投開票された飯田市長選で新人候補に敗れ、任期が満了する牧野光朗市長(59)の退任式が27日、市役所であった。4期16年にわたって市政のかじ取り役を務めた牧野市長は、職員のこれまでの支えに感謝した上で「人と人とのつながりを大切にし、市民に頼られる飯田市の職員であり続けてほしい」と願った。

 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う地域の状況を「大嵐」と捉え、「コロナ禍でいかに地域の経済を立て直すか、何よりも市民の命と暮らしを守るためにどう仕事をするか。それぞれの立場でしっかり考えてほしい」と呼び掛けた。

 今後については「地域に戻って一住民として皆さんの活躍を見守りたい。手伝うことがあれば喜んでさせていただく」と語った。職員から花束を手渡されると、笑顔で受け取った。

 職員を代表し、あいさつに立った木下悦夫副市長は「危機に強い飯田市をつくり、『誰一人取り残さない』というぶれない姿勢で取り組み、その足跡は継承されていく」と述べ、教育や福祉、市立病院の改革のほかリニア中央新幹線、三遠南信道に絡めた取り組みを「牧野市政の大きな成果」と指摘した。

 退庁時には大勢の職員や支持者らが花道をつくり、感謝や惜別の言葉を掛けた。車に乗り込んだ牧野市長は「ありがとう」と手を振って応えていた。

 佐藤健新市長は28日に初登庁する。

◎写真説明:花束を手に退庁する牧野市長

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コミュニティスクール発足

3月5日金曜日15:54

ICTによる貢献誓う

3月5日金曜日15:28

演劇通じコミュニケーション

3月4日木曜日15:56

「駅前プラザ」(仮称)イメージ示す

3月4日木曜日15:34

「森林環境教育の模範」

3月3日水曜日15:56

安全に遊べるおもちゃを

3月3日水曜日15:40

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞