花火で村を元気に

政治・行政

[ 2020年 8月 18日 火曜日 15時39分 ]

 7月豪雨の被災や新型コロナウイルスの影響、猛暑などに苦しむ住民を元気づけようと、喬木村は15日夜、村内の3カ所で花火の打ち上げを行った。

 同村では毎年、この日にふるさと祭りや成人式などの行事が開かれているが、今年は祭りが中止となり、成人式が1月に延期された。

 村は、商工会と村内8区会の協賛でサプライズ花火を企画。ふるさと祭りで煙火を担当した3業者が1カ所ずつ計3カ所で打ち上げることにした。

 村内には事前に告知されており、予定時間になると、家の外に出て夜空を見上げる家族連れなどの姿が見られた。午後8時になると、阿島の天竜川沿いと中原の運動公園、富田の喬木第二小学校の3カ所で一斉に打ち上がり、5分間にわたり計200発余が夜空を彩った。

 村は「夏らしい思い出になる催しもない中、住民の皆さんに喜んでもらえたのでは」としている。

◎写真説明:喬木村のサプライズ花火(撮影=本紙写真部・辻元健朗)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞