衆議院議員選挙 2日公示へ

政治・行政

[ 2014年 12月 1日 月曜日 9時42分 ]

 衆議院議員選挙は2日に公示され、14日に投開票される。21日の衆院解散から約1週間、長野5区では前新の3人が出馬の意向を固め、臨戦態勢に入っている。消費税率10%への引き上げ先送りの是非とアベノミクスの評価が主な争点。社会保障、安全保障、エネルギー問題、地方再生など論ずるべき課題は多く、各政党の総合力が問われる選挙となる。

 衆院選は今回で47回目。自公の与党が民主党を破って政権復帰した2012年12月以来、2年ぶりとなる。

 安倍晋三首相が衆院を解散したのは21日。来年10月の消費税率引き上げについて「個人消費を再び押し下げ、デフレ脱却も危うくなると判断した」とし、「国民生活、国民経済にとって重い決断をする以上、速やかに信を問うべきだと決心した」と解散に踏み切った。

 最大の争点は消費税率引き上げの先送りの是非と、金融緩和と財政出動、成長戦略の3つを柱とした経済政策「アベノミクス」の評価。集団的自衛権の行使容認に踏み切った7月の閣議決定や憲法に対する考え方、原発・エネルギー問題、地方再生、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)も重要課題として注目されている。

 小選挙区の格差を是正する「0増5減」が今回から導入され、小選挙区295議席、比例代表180議席の計475議席で争う。与党の自民・公明両党は絶対安定多数の266議席を上回る270議席の獲得を目標に掲げている。

 飯伊と上伊那地域からなる長野5区には、自民党前職で財務副大臣の宮下一郎氏(56)=伊那市境=、民主党新人で元国会議員秘書の中嶋康介氏(37)=飯田市北方=、共産党新人で党飯伊地区委副委員長の水野力夫氏(34)=同市上郷=が出馬を表明。社民党県連が候補擁立を見送ることを決めたため、前職1、新人2の3人が1議席を争う構図が固まった。

 宮下氏は「着実に効果を上げ、デフレ脱却に向けて動きつつある」とアベノミクスの成果を強調し、第3弾となる成長戦略は地方や企業の活性化からと主張。地方創生の最終目的に地方分散型社会の実現を掲げ、「伊那谷をモデルに発展させたい」としている。

 中嶋氏は、生活が安定して個人が発揮できる「持続可能な社会システム」の構築や、伊那谷の特色を生かす政策、再挑戦可能な社会づくり―を掲げる。飯田市に住所を移して「選挙を通じ、将来は地元出身者が立候補できるような土壌をつくる」と訴えている。

 水野氏は「伊那谷から安倍暴走政治と対決する」とし、消費税率引き上げ中止を主張。大手企業や富裕層の応能負担と内部留保を財源にした最低賃金引き上げ、中小企業支援、社会保障充実を掲げ、憲法を生かした雇用と暮らしを守る政治の実現を訴えている。

 選挙戦は13日までの12日間。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24