豊丘村がラッピングバスで村をPR

政治・行政

[ 2014年 2月 22日 土曜日 9時34分 ]

 豊丘村は、バスにデザインを加える「ラッピングバス」の運行を始めた。村のマイクロバス1台の車体に獅子頭などの写真を貼り付けた。名称は「獅子バス」。村営バスとして村内を循環するだけでなく、村職員らが県外などに出張する際に利用し、村を広くアピールする。

 村は住民を交えた「ラッピングバス企画プロジェクト」を立ち上げて検討を重ね、デザインを決めた。

 3台あるマイクロバスのうち、緑色の25人乗りバスにラッピングを施した。黒い車体に、10の獅子頭と囃子屋台2基の写真をあしらった。河野、堀越、田村、林里、林原木門、佐原、伴野、福島の村内8地区にある獅子頭を全て取り上げた。車体の前後には村名の文字を据え、獅子頭のある地名も重ねた。

 黒を基調にしたデザインが目を引き、担当した村職員は「伝統ある村の誇りを表現したかった。他にはないバスになったと思う」といい、効果的にPRできると期待する。

 ラッピングに伴う経費は約100万円で、県の地域発元気づくり支援金などを活用して作った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

震災から10年振り返る

3月8日月曜日15:23

高校生が鳥居を製作

3月8日月曜日15:13

3カ月ぶり水しぶき

3月6日土曜日14:54

「願いかなえてさくら咲け」

3月6日土曜日13:58

コミュニティスクール発足

3月5日金曜日15:54

ICTによる貢献誓う

3月5日金曜日15:28

演劇通じコミュニケーション

3月4日木曜日15:56

「駅前プラザ」(仮称)イメージ示す

3月4日木曜日15:34

「森林環境教育の模範」

3月3日水曜日15:56

安全に遊べるおもちゃを

3月3日水曜日15:40

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19










記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞