豊丘村が防災行政無線をデジタル化

政治・行政

[ 2013年 4月 21日 日曜日 11時40分 ]

 豊丘村は、村防災行政無線をデジタル化し、今月から運用を始めた。新たに整備されたネットワークの特徴などをまとめたパンフレットを作成。19日に全戸配布し、住民に周知した。

 親局(役場)からの情報を子局(地域)のスピーカーを通して各家庭に伝達する仕組み。村は1986(昭和61)年度にアナログ式の防災無線の利用を始めたが、施設の老朽化が激しくデジタル式に更新することにした。当初、2013年度の全面改修を予定していたが、国の消防防災通信基盤施設整備事業を活用して前倒し、3月末までに改修工事を終えた。

 村役場の発信装置や村内40カ所にある屋外子局を更新し、約30カ所の屋外子局を新設。村が避難所に指定した小学校や区民会館など15カ所には連絡通話機能を備えた子局を設置し、村役場との双方向の通信が可能になった。担当課は「アナログ式の施設では村役場から一方的に情報を伝えていたが、災害時に情報のやりとりができるようになる」と話した。

 また段丘や森林といった地形条件によって電波を直接受信できない屋外子局に対し、電波を到達させるための無線中継機能を併せ持った再送信子局を2カ所(長沢会所局、壬生沢東1局)に整備したことで「村内全域をカバーした」(村担当課)。総事業費は3億7600万円。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24

待望の打ち上げに歓声 冨士山稲荷神社の「むぎわら祭り」

7月10日火曜日15:12

甘み十分、ピンク色に 豊丘村で桃狩り始まる

7月7日土曜日14:15

「来場して幸せな気分に」 22日にザ・ファイナル2018

7月7日土曜日14:47

飯田市内1121世帯に避難勧告

7月6日金曜日15:55

飯田で子ヤギのセリ市を開催

7月6日金曜日15:24