豊丘村が防災行政無線をデジタル化

政治・行政

[ 2013年 4月 21日 日曜日 11時40分 ]

 豊丘村は、村防災行政無線をデジタル化し、今月から運用を始めた。新たに整備されたネットワークの特徴などをまとめたパンフレットを作成。19日に全戸配布し、住民に周知した。

 親局(役場)からの情報を子局(地域)のスピーカーを通して各家庭に伝達する仕組み。村は1986(昭和61)年度にアナログ式の防災無線の利用を始めたが、施設の老朽化が激しくデジタル式に更新することにした。当初、2013年度の全面改修を予定していたが、国の消防防災通信基盤施設整備事業を活用して前倒し、3月末までに改修工事を終えた。

 村役場の発信装置や村内40カ所にある屋外子局を更新し、約30カ所の屋外子局を新設。村が避難所に指定した小学校や区民会館など15カ所には連絡通話機能を備えた子局を設置し、村役場との双方向の通信が可能になった。担当課は「アナログ式の施設では村役場から一方的に情報を伝えていたが、災害時に情報のやりとりができるようになる」と話した。

 また段丘や森林といった地形条件によって電波を直接受信できない屋外子局に対し、電波を到達させるための無線中継機能を併せ持った再送信子局を2カ所(長沢会所局、壬生沢東1局)に整備したことで「村内全域をカバーした」(村担当課)。総事業費は3億7600万円。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

買い物対策、交流の場に OIDE長姫生が橋北にスーパー開店

10月20日土曜日14:02

リニア注目「参加したい」 下條中で未来を語る会開く

10月20日土曜日14:02

丹精した菊鮮やかに 喬木村伊久間でまつり

10月19日金曜日15:12

遭難男性の遺体発見 キノコ採り中に滑落か

10月19日金曜日15:52

語り継ぐ、繰り返さない 泰阜村で戦没者と開拓犠牲者追悼式

10月18日木曜日15:20

「菊慈童」など朦朧体作品 美博の春草常設展示 28日まで

10月18日木曜日15:30

木格子大屋根を象徴に 飯田市がリニア駅周辺デザイン案

10月17日水曜日15:11

南アルプスが初冠雪 平年より8日早く

10月17日水曜日15:22

リニア中間駅3県で研究会 長野、岐阜、山梨知事が懇談

10月16日火曜日15:52

飯田駅のリンゴ色蘇る 塗り替え作業完了迫る

10月16日火曜日15:27

レスリング選手にハンガー贈呈 天龍中が五輪応援プロジェクトで

10月15日月曜日15:05

キノコ採り遭難事故急増 飯田署が注意喚起

10月15日月曜日15:11

松川町 候補地「断念」、取り下げへ リニアガイドウェイ計画で

10月13日土曜日14:01

かぶちゃん農園関連2社が破産 ファームと信州乳業

10月13日土曜日13:52

戦後73年・伝える記憶5 一木大佐通じて平和考えて 関口さんが検証本出版

10月13日土曜日13:14