豊丘村長選と村議選の立候補予定者事前説明会

政治・行政

[ 2011年 3月 31日 木曜日 9時08分 ]

 豊丘村選挙管理委員会は30日、任期満了に伴う村長選と村議選の立候補予定者事前説明会を村役場で開いた。村長選には、いずれも新人で、会社社長の東垣外厚氏(64)=無所属、神稲=と会社社長の下平喜隆氏(56)=無所属、神稲=、元村職員の丸岡茂氏(63)=農業、河野=の予想の3派が出席した。

 村選管は、立候補届け出の手続きや関係書類の記入方法、選挙運動、選挙公報、選挙公営などについて説明し、公明な選挙への協力を呼び掛けた。

 村長選のうち、東垣外氏は昨年12月、下平氏と丸岡氏はことし2月に出馬を表明。東垣外氏は「村職員の人数と給与の2割を削減し、庁内改革を行う」、下平氏は「民間の感性と決断力でスピード感ある村政運営をする」、丸岡氏は「誰もがその人なりに頑張ろうという気持ちになれる村を目指す」とそれぞれ主張している。

 現職の吉川達郎氏(68)=3期、無所属、神稲=は昨年12月の村議会定例会で不出馬を表明している。

 一方、村議選には定数14に対し17派が出席した。うち現職は10派。男性13、女性3で、残り1派は近く候補者を擁立する予定。

 関係書類の事前審査は4月13日。いずれも同月19日告示、24日投開票の日程。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞