豊丘村 民間感覚で意識改革

政治・行政

[ 2011年 5月 17日 火曜日 15時14分 ]

 豊丘村の職員は今月から、毎週月曜日の朝礼の時間を使い、下平喜隆村長が用意した「誓いの言葉」と「接客五大用語」を復唱し業務に臨んでいる。

 4月の統一地方選で初当選した下平村長が選挙公約に掲げ、民間感覚を取り入れるとした職員の意識改革の一環。

 誓いの言葉は「今日も一日私たちは自信と情熱をもって村民の皆様には最大の満足を。豊丘村に役場に対して深い愛情をそそぎ、奉仕の精神を忘れることなく、自ら希望達成のために努めます」。接客五大用語は▽おはようございます▽はい、かしこまりました▽少々お待ちくださいませ▽申し訳ございません▽ありがとうございました―の5つ。

 毎週月曜日の午前8時25分に職員が1階フロアに集まり、全員で読み上げる。16日は環境課主事(31)の発声に続いて、庁内の全職員が復唱した。

 月曜以外は個々に、始業前に誓いの言葉と接客五大用語を確認しているという。

 今月13日の朝礼から取り入れ、全体で行うのは2回目。「村民から雰囲気が変わったという声が届いた」と下平村長。今後も継続していく方針で「まだまだ役場に入りづらい雰囲気がある。職員から積極的に声を掛けることで対話しやすくなればいい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15

コロナに負けず頑張ろう

5月20日水曜日15:42

全業種対象に給付金

5月19日火曜日15:08

夏に向け「さっぱり」

5月19日火曜日15:53

県外から多くの人出

5月18日月曜日16:05








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞