阿南町長選に勝野町長が出馬表明

政治・行政

[ 2018年 3月 16日 金曜日 15時36分 ]

一転出馬の意向を表明する阿南町の勝野町長

 任期満了に伴う阿南町長選(4月17日告示、22日投開票)に不出馬の意向を示していた勝野一成町長(62)=無所属、新野=は、16日再開の町議会3月定例会閉会あいさつで、一転出馬の意向を表明した。勝野町長は「議会の質問に答えたことを覆すのは非常に苦痛な思いだが、再出馬することを決断した」と述べた。

 勝野町長は「もっと若くて新しい感覚を持ち合わせた人、町を託せる新たな人をしっかり検討してほしかった」と述べる一方、「今日まで新たな動きが見えない中で、告示まであと1カ月となり、私に対しあらためて多くの出馬要請が寄せられた」とし、「町民の意見を真摯に受け止め、自分とも向き合い、再度4年間、町民福祉に臨む覚悟を決めた」と述べた。

 ただ自身の体調面について「精密検査の結果待ち、これから受ける部分もある。私自身は大丈夫だと思っている」と付け加え、「町民の代表である議会にまずは再出馬する気持ちを報告すべきだと思った」とした。検査結果は公表する予定という。

 勝野町長は昨年の12月定例会一般質問で進退を問われ「当初から1期4年と決め、全身全霊で取り組んできた。その思いは今も変わらない」と説明し、不出馬の意向を示した。

 一方、続投を求める声は多く、新人擁立の動きは思った以上に鈍い状況に。告示1カ月前になっても他に候補擁立の動きはなかった。

 勝野氏は旧長姫高校卒業後、1974年に同町職員となり、振興課建設係長を最後に退職。2007年から副町長を務め、14年の前回選挙で初当選した。

  

関連の注目記事

powered by weblio