阿智村が空中放射線測定器貸し出しへ

政治・行政

[ 2012年 1月 20日 金曜日 15時51分 ]

 阿智村は村内の個人や団体を対象に、空中放射線測定器2台の貸し出しを始める。自治会やPTA、事業者などの団体が行う放射線測定検査は全額補助する方針で、事前連絡を呼び掛けている。

 原発事故に起因する放射線への不安を払しょくしてもらおうと予算化し、20日に村内回覧で周知する。

 測定器は簡単な操作で空間放射線量を測れる簡易式。1組につき1台を2日まで貸し出す。希望者は測定したい日の3日前までに電話予約する。食品や水、土壌の測定はできない。

 放射線測定検査の費用は1検体あたり5250円までを上限とし、60検体まで受け付ける。希望者は役場に事前連絡した上で、各自で公的検査機関に測定する物を持ち込み、村が送付する書類を提出して補助金を請求する。

 岡庭一雄村長は「心配な方はしっかり利用してもらい、安心につなげてほしい」と話している。申し込み、問い合わせは村地域経営課・環境政策係(電話0265・43・2220)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54

佐藤市長「厳しい局面」

1月15日金曜日15:24

動物園で干支の引継ぎ

1月14日木曜日15:31

マスタープラン作成へ

1月14日木曜日15:18

田んぼリンクに笑顔広がる

1月13日水曜日15:16








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞