阿智村と天体望遠鏡メーカーが連携協定

政治・行政

[ 2015年 10月 2日 金曜日 10時53分 ]

 阿智村と天体望遠鏡メーカー、ビクセン(新妻和重社長)=埼玉県所沢市=は30日、地域振興に関する連携協定を締結した。ビクセンはすでに今春から、村の星空ナイトツアーへ天体望遠鏡を提供するなどして連携してきた。協定により観光分野だけでなく、住民の星空観察や星を生かした村づくりへ包括的に協力していく。

 ビクセンは、天体望遠鏡をはじめとした総合光学機器メーカーで顕微鏡や双眼鏡、ルーペ、コンパスなど光学機器の開発から販売、輸出入を手掛ける。社名はサンタクロースのそりを引くトナカイの名前に由来。「星を見せる会社」というビジョンのもと、星空観望会の協力や「宙ガール」「宙キャンプ」などのライフスタイルを提案してきた。

 村が手掛けるスタービレッジ阿智誘客促進協議会の星空ナイトツアーでは、雨天や曇天の対策をする一方、星が見えにくい満月の夜でも来場者の満足度を上げようと同社へ協力を依頼。今春のシーズン開幕から連携が始まった。

 会場のヘブンスそのはらには同社製の天体望遠鏡40台ほどが常備された。イベント時には同社スタッフが天体望遠鏡の操作方法をレクチャーし、訪れた人々が星々の姿を楽しんでいる。また、コラボレーションによるオリジナルグッズ(コンパス、星座早見盤)の販売、双方の媒体を通じた情報発信の相乗効果、ブランド力向上にもつながっている。

 今回の協定では、星空をテーマに▽観光地づくり▽満足度向上▽住民学習▽村づくり▽文化創出―の5分野で協力していくとした。熊谷秀樹村長は「星を観光だけでなく村全体に広げたい。星が輝く村では空気も水もきれい。自然の豊かさを感じ、子どもたちの教育に生かし、心豊かな村にしていきたい」と語った。

 新妻社長は「レンズを通して自然科学を楽しんでもらえるよう活動している。私たちの考えが地域振興にリンクしていけるのでは」と期待を込めた。また「星を上手に見るためにはきちんとした知識が必要になる。月の満ち欠けや夏の天の川など、日常から夜空を楽しむ村になるよう協力していきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48

新棟建設へ協力募る 修学旅行受入れ視野に 満蒙開拓平和記念館

8月9日木曜日15:49

激戦地で平和を願う 阿智村の小中学生が沖縄訪問

8月8日水曜日15:29

健常者にない表現力を 5施設がアートで交流

8月8日水曜日15:20

水中の世界繰り広げ 巨大人形劇「さんしょううお」公演

8月7日火曜日15:44

6日に飯田で観測史上最高37.7度 夜に大雨、降ひょう被害も

8月7日火曜日15:01