飯田で知事と技術人ら懇談

政治・行政

[ 2012年 2月 7日 火曜日 15時46分 ]

 阿部守一知事を招いての「ものづくり・芸術・芸能を活かした地域づくり懇談会」が6日、飯田市上郷別府の英会話教室「寺子屋」で開かれた。飯田下伊那地域の宮大工や樹木医、木地師、医師などの専門家16人が参加。日ごろの業務のこだわりも交えて、地域の魅力をどう高めていくかの視点を中心に意見を交わした。

 寺子屋を拠点に多彩な文化活動を展開するグループ「SENS」(浅野茂穂代表)が企画し、会員たちが参加した。阿智村の宮大工は、飯田下伊那地域に残る古民家の再生支援を提案。伝統工法の技術の継承も喫緊の課題に位置付けた。

 漆器の工芸家は「県によって、伝統工芸の人材育成などの力の入れように温度差がある」と指摘。4月から他県の医療機関で研修後に再度の帰郷を予定する医師も「待遇は良くても、学べる環境が不十分では人は集まらない」と述べ、医療分野における教育の充実や価値の創造を願った。

 阿部知事は今後の生活様式のあり方を展望する中で、東日本大震災や原発事故を踏まえ「都会化すればハッピーとはならない時代」と指摘。「水や食料、地域の絆、自然エネルギーなど、視点を変えれば、潜在的な可能性があるのが信州」と強調した。

 「技や才覚がある人を大事にする県」「人が人をひき付ける県」づくりに尽力する姿勢を示し「県民の協力なしではできない。ぜひ、SENSの皆さんからも具体的な提言を願う」と呼び掛けた。

 「大阪都構想」を引き合いに「道州制の議論は確実に出てくるが、(他県と州を形成せずに)長野県だけでも良いのではとも考えている」との持論を伝える場面もあった。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52