飯田市が歩道の愛称を募集

政治・行政

[ 2019年 7月 5日 金曜日 15時54分 ]

 本年度の供用開始を目指す三遠南信道「天龍峡大橋(仮称、飯田市川路―千代)」に絡み、市が整備するけた下の歩道「添架歩廊」について、市は愛称を募集している。

 添架歩廊は天龍峡一帯の観光振興などを目的に市が設置する。長さ280メートル。地上80メートルからの名勝「天龍峡」の雄大な景観を楽しめる。

 天龍峡大橋は国土交通省飯田国道事務所と市が事業主体で、高さ約80メートル、長さ280メートルのアーチ橋。スレンダーな形状と山鳩色の色彩を取り入れるなど、天龍峡の景観を損なわないよう配慮した。

 愛称は31日まで募り、開通の日程が決まり次第発表する予定。採用者には記念品が贈られる。問い合わせは同市川路の市観光課天龍峡事務所(電話0265・27・5539)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

1カ月ぶり歓声「かわいい」

6月2日火曜日15:37

飯伊に希望と元気を

6月2日火曜日15:49

「新しい学校生活」導入し

6月1日月曜日16:13

学生103人が事前登録

6月1日月曜日16:34

食を通して村を知る

5月30日土曜日13:12

自粛の市民活動再開へ

5月30日土曜日13:03

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞