飯田市が緊急経済対策本部設置

政治・行政

[ 2020年 4月 22日 水曜日 15時13分 ]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、飯田市は22日、緊急経済対策本部を設置した。市民生活や経済の安定化に向けて事業継続や雇用維持の支援、相談窓口の強化、状況把握調査を進める方針。この日の臨時記者会見で牧野光朗市長は、実態を把握し、適時適切な対応を関係機関と連携して行う姿勢を強調し「困っている人に手を差し伸べる支援を」と述べた。

 政府の緊急事態宣言に伴う営業自粛などの要請措置によって地域経済は活力を失い、事業規模の縮小や経営難から廃業に陥ることも想定。この状況に迅速・的確に対応する狙いで、3月に飯田商工会議所とともに開いた緊急経済対策会議を発展させる形で立ち上げた。

 本部長に牧野市長、副本部長に商工会議所の原勉会頭を据え、南信州地域振興局、JAみなみ信州、飯田公共職業安定所、日本政策金融公庫、県信用保証協会、南信州・飯田産業センターなどで構成。原会頭は「地域経済は疲弊し、この2~3カ月がやま場」とみて、国や県とも連携し、小規模事業者への支援をより具体的に講じていく考えを示した。

 また緊急経済対策相談窓口を市産業振興課と商工会議所に設置した。時間は平日の午前8時半~午後5時15分まで。

◎写真説明:会見で説明する牧野市長

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

食を通して村を知る

5月30日土曜日13:12

自粛の市民活動再開へ

5月30日土曜日13:03

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞