飯田市議選が9日告示

政治・行政

[ 2017年 4月 8日 土曜日 14時27分 ]

003shigisen

 任期満了(27日)に伴う飯田市議選(定数23)は9日に告示され、16日の投開票まで1週間の選挙戦に突入する。立候補を予定するのは現職20人、新人5人の計25人。前回、前々回は定数23に対し1人超過の構図が続いたが、2005年以来3期ぶりに複数超過の争いが見込まれる。各派は地元を中心に第一声を放ち、市内各地で遊説や演説会を予定。人口減少・少子高齢化への対応と合わせ、リニア中央新幹線や三遠南信道の開通を見据えた地域づくりに向け、産業、経済、福祉、教育、子育てなど幅広い分野で施策や思いを訴える。

 

 立候補予定者25人の党派別は公明、共産が各3人で、ほか19人が無所属。女性は2人。年代別は30代2人、40代5人、50代4人、60代14人で平均年齢は57・52歳となっている。

 

 定時登録日の3月2日現在の選挙人名簿登録者数は男性4万400人、女性4万4553人の計8万4953人。

 

 告示日は立候補の届け出を午前8時半から午後5時まで、市役所C棟3階会議室で受け付ける。午前8時半以前の到着者の受付順はくじによる抽選で決める。予定の25派はすでに事前審査を済ませている。選挙活動用の交付物の到着を待ち、各候補が第一声に臨む。

 

 市選挙管理委員会はポスター掲示板を市内344カ所へ設置。各派は候補予定者名が入った選挙事務所の立て看板や遊説カーなどの準備を整え、シートなどで覆った状態で告示の時に備えている。

 

 期日前投票所は市内5カ所に設ける。市役所C棟1階市民サロンは告示翌日の10日から15日までの午前8時半―午後8時。竜丘、伊賀良の両公民館と上村自治振興センター、南信濃地域交流センターは11日から14日までの午前8時半―午後6時に受け付ける。

 

 選挙期間中、市明るい選挙推進協議会は投票行動を呼び掛ける街頭一斉啓発を11日夕に市内の商業施設4カ所で計画している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号