高森町 女性の視点まちづくりに 町長提案し視察

政治・行政

[ 2014年 12月 8日 月曜日 13時48分 ]

 高森町の課長補佐や係長ら女性職員7人が3、4日、大阪府寝屋川市や福井県鯖江市を訪れ、女性が活躍する地域づくりなどを視察した。熊谷元尋町長が提案し初の試みで、熊谷町長は「今後のまちづくりには女性の視点が必要で、優しさやしなやかさを取り入れたい」と期待を込めた。

 総務課、健康福祉課、町民税務課、経営企画室、教育委員会の各課に在籍する40代から50代の7人が自ら視察先を選び、1泊2日の日程で実施した。

 初日は寝屋川市役所を訪問。市政発足以来最年少の総務部長として抜てきされ、さまざまな改革に取り組む女性職員と懇談した。女性職員推進検討チームの取り組みを聞いたり、女性職員としての仕事への向き合い方を聞いた。

 2日目は鯖江市役所を訪れ、女子高生が発案したものを市がバックアップする取り組み「JK課」や、40~50代女性が井戸端会議感覚で意見を出し合う「OC課」の両プロジェクトについて聞き、女性が活躍する地域づくりの参考にした。JK課は若い感性で行政と市民の垣根を取り払い、まちの活性化につなげている。OCは「obachan(おばちゃん)」の略。鯖江の魅力を発信したり、問題の改善策を考えたりしているという。

 視察を終えたメンバーはそれぞれ収穫を得たようで、視察のきっかけをつくってくれた町長の提案に感謝した。教育委員会事務局長補佐の女性(45)は「多くを知る良い経験になった。男女問わず住民がまちづくりに参画でき、その上で、女性の考えや力を生かせるような取り組みが必要だと感じた」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞