高森町、熊谷町長が引退を表明 3期12年「ここで区切りに」

政治・行政

[ 2017年 9月 29日 金曜日 16時33分 ]

引退を表明する熊谷町長

 高森町の熊谷元尋町長(60)=無所属、吉田=は29日、任期満了に伴う次期町長選(来年1月9日告示、14日投開票)には立候補せず、引退すると表明した。町議会全員協議会の冒頭あいさつで「(進退は)正直気持ちが揺れ動いたが、ここで区切りを付け、新しい町長を選ぶことが高森町には必要と考える」と述べた。

 熊谷町長は町議を3期務めた後、2006年に初当選し、3期目。

 周囲からは4期目を望む声も届いたというが、「いつまでも同じ人間が長く首長を務めることはあまり良くない」と引退の決意を固めた。

 取材には、3期は1つの目安だったとし、「町議も3期。権限を持つ人は長くない方がいいと思っていた。その思いをねじ曲げてでも続けるのは、自分の性格としてできない」と答えた。

 人口減少や情報通信技術の進歩、リニア中央新幹線の開通などこの先10年の取り巻く社会変化を予想した上で「新しいリーダーの下、新たな発想で風を吹かせ、まちづくりを行うことが必要」と述べた。

 また現職が出馬することで「新人が出にくいのが実情」と指摘し、次期町長選には「複数の候補者、特に若い世代の方が出馬することを期待する」とした。

 後任の人物像にも言及。現状を分析し町の将来を見通す先見性と、変化する時代にふさわしい柔軟な発想、新たなセンスを持ち合わせ「住民との合意形成を図る能力と組織や町をマネジメントできる人がふさわしい」とした。

 3期12年を「スピードは遅くても、自分なりに走り抜けてきた」と振り返った。課題や道半ばの事業はあるが、「だからといって4期、5期を目指すと半永久的に続けることになる。次のリーダーに託しても良いのでは」とした。

 引退後については「一町民として経験を生かせるような場があれば、町を応援していきたい」と語った。

 三つどもえとなった06年町長選で、熊谷町長は行政のスリム化などを訴え48歳で初当選した。子育て支援や教育面などに力を注ぎ、平和事業を推進。情報公開にも努めた。現在は下伊那郡町村会副会長、下伊那郡体育協会会長などを務める。中京大卒。不動産業を営む。

 次期町長選には元町議の宮外正彦氏(73)=無所属、下市田=が立候補する意向を示している。他にも擁立する動きがある。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52