高森町が南信高森開発と協定

政治・行政

[ 2013年 11月 30日 土曜日 9時19分 ]

 高森町は29日、山吹のゴルフ場「高森カントリークラブ」を災害時の一時避難所とする協定について、同クラブを経営する南信高森開発と結んだ。一時避難所に関する協定は、JAみなみ信州の市田柿工房(下市田)に続いて2件目。

 町は小中学校や公民館、町民体育館など33カ所を避難所に指定している。今回、新たに高森カントリークラブを一時避難所に指定し、大規模な地震や風水害などが発生した際、施設の一部を住民らに開放するよう同社に要請できる。

 同クラブは1978(昭和53)年にオープン。クラブハウス内にはレストランやロッジ、浴場などを備え、町総務課は、200人が一時避難できるとみる。160台分の駐車スペースもある。

 一時避難所の開設について町側が要請し、同社が応じた。協定の調印式が同クラブで行われ、熊谷元尋町長と岡崎嘉忠社長が協定書に調印。熊谷町長は「東海地震や大規模な土砂災害を想定すると避難所の確保が大切。町民にとって心強い」と語り、災害に強いまちづくりにつながると感謝した。

 岡崎社長は「災害など何かあればこの施設を使ってもらいたいと考えていた。協定という形で明確化でき、今回の町の要請にうれしく思う」と述べた。

 協定書によると、避難者をクラブハウス内に収容する他、飲料水や食事場所、浴場を提供。コースが臨時ヘリポートにもなる。協定の有効期間は1年間で、申し出がない限り1年ずつ更新する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58

安心して果物狩りを

9月11日金曜日15:52

拡大備えて検査体制充実

9月11日金曜日15:25








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞