「リアルスコープ役場!」 高森町が採用説明会 町長と対話も

政治・行政

[ 2014年 8月 21日 木曜日 12時45分 ]

 高森町は19日、「リアルスコープ役場!」と題した職員採用説明会を町役場で開いた。来年4月採用の試験を前に町の課題などを知ってもらおうと、リアルスコープ形式の説明会は昨年に続き2回目。熊谷元尋町長と対話する機会もあり、参加者は真剣な表情で耳を傾けていた。

 採用試験を希望する大学生ら男女5人が参加。熊谷町長との対話では、人口・世帯数・高齢化率の変動や町の経常収支比率、貯金と借金の推移といった町の現状を直接聞き、リニア中央新幹線を見据えたまちづくりなどについて質問した。

 熊谷町長はリニアの県内中間駅に触れ「高森は駅から15~20分のエリアに入り、便利な町になる」と説明。高速交通網が整備される一方、乱開発を防ぐ必要性を指摘した。公務員はやりがいのある仕事だとした上で「役場に入ったら柔軟な発想で役場を動かしてほしい」と呼び掛けた。

 9月6日に行われる採用試験の概要について説明を受け、若手職員と懇談した後は庁内を見学。町内巡りもあり、市田酪農や下水処理場を見た。

 参加者は「町長や職員と直接話すことができ、役場の仕事について知ることができた」「役場の雰囲気を感じる良い機会になった」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞