高森町が採用説明会「リアルスコープ役場!」、町長と対話も

政治・行政

[ 2014年 8月 21日 木曜日 12時45分 ]

高森理事者対話 高森町は19日、「リアルスコープ役場!」と題した職員採用説明会を町役場で開いた。来年4月採用の試験を前に町の課題などを知ってもらおうと、リアルスコープ形式の説明会は昨年に続き2回目。熊谷元尋町長と対話する機会もあり、参加者は真剣な表情で耳を傾けていた。

 

 採用試験を希望する大学生ら男女5人が参加。熊谷町長との対話では、人口・世帯数・高齢化率の変動や町の経常収支比率、貯金と借金の推移といった町の現状を直接聞き、リニア中央新幹線を見据えたまちづくりなどについて質問した。

 

 熊谷町長はリニアの県内中間駅に触れ「高森は駅から15~20分のエリアに入り、便利な町になる」と説明。高速交通網が整備される一方、乱開発を防ぐ必要性を指摘した。公務員はやりがいのある仕事だとした上で「役場に入ったら柔軟な発想で役場を動かしてほしい」と呼び掛けた。

 

 9月6日に行われる採用試験の概要について説明を受け、若手職員と懇談した後は庁内を見学。町内巡りもあり、市田酪農や下水処理場を見た。

 

 参加者は「町長や職員と直接話すことができ、役場の仕事について知ることができた」「役場の雰囲気を感じる良い機会になった」と話していた。

 

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu



記事の検索はこちらから







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事