「リアルスコープ役場!」 高森町が採用説明会 町長と対話も

政治・行政

[ 2014年 8月 21日 木曜日 12時45分 ]

 高森町は19日、「リアルスコープ役場!」と題した職員採用説明会を町役場で開いた。来年4月採用の試験を前に町の課題などを知ってもらおうと、リアルスコープ形式の説明会は昨年に続き2回目。熊谷元尋町長と対話する機会もあり、参加者は真剣な表情で耳を傾けていた。

 採用試験を希望する大学生ら男女5人が参加。熊谷町長との対話では、人口・世帯数・高齢化率の変動や町の経常収支比率、貯金と借金の推移といった町の現状を直接聞き、リニア中央新幹線を見据えたまちづくりなどについて質問した。

 熊谷町長はリニアの県内中間駅に触れ「高森は駅から15~20分のエリアに入り、便利な町になる」と説明。高速交通網が整備される一方、乱開発を防ぐ必要性を指摘した。公務員はやりがいのある仕事だとした上で「役場に入ったら柔軟な発想で役場を動かしてほしい」と呼び掛けた。

 9月6日に行われる採用試験の概要について説明を受け、若手職員と懇談した後は庁内を見学。町内巡りもあり、市田酪農や下水処理場を見た。

 参加者は「町長や職員と直接話すことができ、役場の仕事について知ることができた」「役場の雰囲気を感じる良い機会になった」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コミュニティスクール発足

3月5日金曜日15:54

ICTによる貢献誓う

3月5日金曜日15:28

演劇通じコミュニケーション

3月4日木曜日15:56

「駅前プラザ」(仮称)イメージ示す

3月4日木曜日15:34

「森林環境教育の模範」

3月3日水曜日15:56

安全に遊べるおもちゃを

3月3日水曜日15:40

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞