高森町で共通投票所の設置準備、「期日前」利用始まる

政治・行政

[ 2016年 7月 4日 月曜日 13時40分 ]

高森投票所準備 10日の参院選投票日に向け、高森町選管は1日、県内唯一となる共通投票所の設置準備をした。共通投票所はアピタ高森店に設置する計画で、2日からは期日前投票所として利用が始まった。

 

 共通投票所、期日前投票所はともに、町内の有権者であれば誰でも投票できる。

 

 先月19日の改正公選法施行で、従来の公民館や学校に加え、駅前やショッピングセンターに設置可能となった。今参院選では高森町を含め全国4カ所(北海道函館市、青森県平川市、熊本県南阿蘇村)のみ。

 

 同店では1階北側入り口付近の約25平方メートルを高さ2メートルのボードで仕切り、内側に比例代表と選挙区の投票箱を設置した。周囲には投票を呼び掛けるのぼり旗を掲げ、ポスターを張った。

 

 投票日の投票所は従来の8カ所に共通投票所が加わる。二重投票を防ぐため、町は町内の全投票所を専用回線で結ぶシステムを構築する。専用回線を使ってデータをやりとりし投票情報を即座に共有することが可能で、この日は通信状況の確認もした。町選管の書記長は「いまのところ通信は良好。ミスがないよう粛々と準備を進める」と話していた。

 

 期日前投票所は9日まで開設し、投票時間は午前10時~午後8時。共通投票所は10日午前9時~午後8時。

 

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号