高森町議選投票率アップの作戦会議

政治・行政

[ 2017年 6月 27日 火曜日 15時54分 ]

002takamori

 7月4日告示の高森町議選に向け、若者目線で町の魅力を発信する高森町「わかもの☆特命係」と、高校生の投票率100%を掲げる「飯田下伊那100計画」は26日、投票率アップのための作戦会議を開いた。選挙権を持つ十代の若者に関心を持ってもらおうと啓発を図り、投票につなげる計画。同町議選では高校生が開票作業に従事する。

 この日、短大生と高校生の計6人が集まった。立候補予定者15人全員を対象に南信州新聞社と共同で企画した紙上アンケートやSNS(交流サイト)を活用する考えで、効果的な活用法についてアイデアを出し合った。早大マニフェクト研究所の中村健事務局長(45)のアドバイスを参考にもした。

 さらに中村事務局長から政治の仕組みを聞き、身近な選挙に関する知識を深めた。中村事務局長は「次の4年間を誰に託すのかを選ぶための選挙で、1票は大事。未来を変えようと思ったら自分たちの1票を行使しよう」と呼び掛けた。

 同町議選では、飯田下伊那100計画の高校生が臨時職員として開票作業の一部を担う。選挙への関心を深めるきっかけづくりにする狙いで高校生側が要望し、町選管が受け入れた。4~5人を予定。町によると、高校生が開票事務に参加するのは全国的に珍しい。

 7月9日の開票作業は午後8時40分開始。高校生は開票所となる町福祉センターで仕分け作業を行う。

 また特命係の短大生2人は8日、アピタ高森店に置く期日前投票所で投票立会人を務める。

 選挙権年齢は昨年の参院選から20歳以上から「18歳以上」に引き下げられた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

猛暑の一騎打ち 阿部、金井候補が舌戦開始 知事選が告示

7月19日木曜日15:41

春草の「鎌倉時代闘牛の図」が市有形文化財に 学生時代に制作

7月19日木曜日15:14

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34