高森町 「チーム!ほったかもり」結成へ

政治・行政

[ 2015年 4月 2日 木曜日 11時13分 ]

 高森町は10日、町の女性職員による「チーム!ほったかもり」を結成する。女性の視点からまちづくりを充実させる狙い。発足を前に、1日は女性専用の相談窓口を経営企画室内に開設。家庭の悩みや再就職などの相談に応じるほか、特技を生かして活動したい―といった女性のチャレンジを応援する。

 熊谷元尋町長は「今後のまちづくりには女性の視点が必要で、優しさやしなやかさを取り入れたい」とし、昨年12月に課長補佐ら女性職員7人が県外を視察している。メンバーは先進地の取り組みを踏まえ、女性チームの発足を提案した。

 チーム名は、アイデアや人材、地域の宝を掘り起こしたいとの思いに、「ほっとする」と、心が温まる「ホット」を掛け合わせた。

 チームは当面、40代を中心にした7人でスタートさせる予定。リーダー役の福島直美さんは「新たな気持ちで意欲的に取り組む」と語り、経営企画室の壬生照玄室長は「町内の女性活動を活発化させ、自治組織などとの協力体制の構築にもつながれば」と期待を込めた。

 また15人を目標にメンバーを募り、徐々に活動の幅を広げることも考える。

 今後は講演会や学習会を開催する計画。5月には、視察で訪れた大阪府寝屋川市の荒木和美部長を講師に迎える。荒木さんは市政発足以来最年少の総務部長として抜てきされ、さまざまな改革に取り組んでいる。

 女性専用の相談窓口は視察メンバーの提案で具体化した。相談は無料。平日の午前8時半から午後5時。近くフリーダイヤルを設置する。1日は経営企画室に看板を掲げた。メンバーは「役場職員というスキルを生かし、関係機関と連絡を蜜にしながら丁寧に対応する」としている。問い合わせは同室(電話0265・35・9441)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

22年春オープンへ整備

8月6日木曜日15:31

劇場型機能を集約

8月6日木曜日15:56

「小中併設校」化を答申へ

8月5日水曜日15:11

「次郎長貨幣」8日発売

8月5日水曜日15:47

名場面がスタンプに

8月4日火曜日15:21

子ヤギ30頭の競りに沸く

8月4日火曜日15:57

御用聞き事業本格スタート

8月3日月曜日16:47

飯田市で販売始まる

8月3日月曜日16:14

学生主導で魅力伝える

8月1日土曜日13:33

「適正な森林管理の継続を」

8月1日土曜日13:37

古墳文化に親しんで

7月31日金曜日15:03

「夏休みに読書楽しんで」

7月31日金曜日15:04

飯田の会社員男性「陽性」

7月30日木曜日15:25

飯田市がコロナ対策第4弾を発表

7月30日木曜日15:39

海辺の青い鳥飯田で

7月29日水曜日15:33








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞