鳩山首相が辞任表明、民主党小沢幹事長も

政治・行政

[ 2010年 6月 3日 木曜日 8時37分 ]

 鳩山由紀夫首相は2日、民主党の両院議員総会で辞意を表明した。普天間問題で社民党を政権離脱に追い込んだ責任と、自らの政治とカネをめぐる問題の責任をとって辞任を決断した。政治とカネをめぐる問題では、小沢一郎幹事長にも辞任を求め、小沢氏もこれを了承したと語った。

 民主党は4日に開く両院議員総会で、次の首相となる新たな代表を選ぶ方針を決めた。国会の会期は延長せず、参院選は7月11日の投開票となる見込みだ。

 昨年8月の政権交代で発足した鳩山内閣は、8カ月余りで終了した。

  

関連の注目記事

powered by weblio