3町村長選と6町村議選が告示

政治・行政

[ 2015年 4月 22日 水曜日 9時01分 ]

 第18回統一地方選を締めくくる町村長選、町村議選は21日告示され、5日間の選挙戦がスタートした。松川、根羽、豊丘の首長選はいずれも、午後2時現在で現職の他に候補者はなく、現職の無投票再選になる見通し。議員選は6町村のうち泰阜、豊丘、大鹿の3村で選挙戦に突入した。阿南、根羽、下條は定数を超えず無投票になる見通しとなっている。投開票日は26日。

 任期満了に伴う根羽村長選に大久保憲一村長(57)、豊丘村長選には下平喜隆村長(60)=ともに現職1期目=のみが届け出た。松川町長選には現職1期目の深津徹町長(66)が届け出を済ませた一方、立候補の意向を示していた名古屋市の吉田豊氏(64)=無所属新人=は直前の20日に出馬を取りやめた。

 統一地方選の後半で首長選と議員選が同時に行われるのは根羽と豊丘の両村。人口減少に応じた地域の活性化策などを争点にした論戦が始まった。

  

関連の注目記事

powered by weblio