3選した高森・熊谷町長が初登庁

政治・行政

[ 2014年 1月 24日 金曜日 17時06分 ]

 高森町長選で3選を果たした熊谷元尋さん(56)が23日、3期目の初登庁を行った。就任式で職員に「町内外の人たちから良いまちだと言われるよう頑張る。職員も同じ目標に向かって取り組んでほしい」などと訓示し、3期目のかじ取りをスタートさせた。

 就任式は始業前の午前8時10分から町役場会議室で行われ、職員ら約100人が拍手で出迎えた。

 女性職員から花束を受け取った熊谷さんは今回の選挙について「13年後のリニア中央新幹線開業を見据えた基盤作りのかじ取り役に、誰がふさわしいのか決める選挙だったと思う」と振り返った。無投票は「2期8年に対する一定の評価」と受け取り、職員の力添えがあったおかげだとねぎらった。

 その一方、選挙を通じて町民からさまざまな要望や意見を聞いたとし「町民の声を真しに受け止め、要望に応えられなくても説明責任を果たすことが大事。またあいさつを大切にし、町民との信頼関係を築いてほしい」と呼び掛けた。3期目については「職員と同じ目標に向かい、少しでも良いまちにしていくために明るく清潔で、公正な町政に努めていく」と述べた。

 職員を代表し山田幹男副町長は「3期目をホップ、ステップ、ジャンプの意気込みで臨まれると思う。私どもも熊谷町長の下で心を新たにし、知恵と努力と労力の3つを使って一緒にジャンプする気持ちでいる」とあいさつした。

 熊谷さんは「未来へ!みんなでつながる まちづくり」をキャッチフレーズに▽情報の公開と運用▽未来を見据えたまちづくり▽生きがいと安心を感じるまちづくり―など6つを政策の柱にし、「やってみたいこと」として55項目を掲げた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30