実践働き方改革9 飯田病院 仕事と家庭両立できる職場目指して

連載

[ 2018年 5月 11日 金曜日 19時02分 ]

働きやすい職場づくりを目指す取り組みが進んでいる

 一般病床と精神病床を合わせ約450床の規模で運営されている飯田市大通の飯田病院は、2010年から看護師を対象に「短時間正規職員制度」を導入し、子育てや介護に従事する従業員が希望の時間内で勤務できる体制を整えた。最低勤務時間は週20時間と通常の半分で、女性が仕事と家庭生活を両立できるよう働きやすい職場づくりを推進している。

 同病院では、看護師などを中心とする女性従業員が全体の7割にあたる約600人が働く。07年から一般病棟で患者7人に対し、看護師1人の看護体制の充実を図ったものの、看護師不足の課題に直面。子育てしながらのフルタイム労働が厳しさを増し、離職の原因につながった。

 そこで導入した「短時間正規職員制度」は育児休業後の看護師が、子どもの成長に合わせて勤務時間を変更できる。このほか夜勤免除制度や4歳未満の保育料を半額補助し、長時間保育費用を全額補助するなどの独自支援も展開。現在約30人が利用している。

 同病院に勤務して14年になる女性(38)は、これまで2度育児休業を取得し、職場復帰のときに短時間勤務制度を活用した。「仕事も大切だけど母親としての子育ても大事。職場の理解があって、辞めることなくゆとりを持って生活できた」と振り返り、「他のスタッフへの負担もあった。次は私がカバーしていきたい」と話す。

 女性管理職が6割を超える同病院では、認定看護師や診療情報管理士などの資格取得費用の半額を助成する制度や、飯田下伊那地域の8病院で連携を図り、再就職支援研修を実施するなど女性の能力活用、職域拡大にも注力する。「地方での看護師確保はなかなか厳しいものがある」。中田茂財務人事部長は都会の病院などへの人材の流出を防ぐため、経費はかさんでも「さまざまな工夫を凝らして確保している」と語る。

 飯田女子短期大看護科学生への育英資金もその一つ。3年間で180万円を補助するなどし、これが毎年平均十数人の卒業生の確保につながるという。「人材確保、キャリアアップを支援し、地域に安心安全の医療を提供していきたい」と中田人事部長は話している。

 労働力の減少は働き方改革への取り組みを余儀なくさせている。取り巻く環境が刻々と変わる中、多様な人材の確保と活躍を目指し、柔軟に働くことができる基盤づくりが求められている。

(おわり)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48

新棟建設へ協力募る 修学旅行受入れ視野に 満蒙開拓平和記念館

8月9日木曜日15:49

激戦地で平和を願う 阿智村の小中学生が沖縄訪問

8月8日水曜日15:29

健常者にない表現力を 5施設がアートで交流

8月8日水曜日15:20

水中の世界繰り広げ 巨大人形劇「さんしょううお」公演

8月7日火曜日15:44

6日に飯田で観測史上最高37.7度 夜に大雨、降ひょう被害も

8月7日火曜日15:01