「スキップ」が移動支援スタート 福祉車両3台で対応

社会

[ 2011年 12月 27日 火曜日 15時22分 ]

 買物弱者など高齢者への生活支援を目的に活動するNPO法人「生活応援ネットスキップ」(下井明雄代表理事)は24日、障害者や介護を受けているお年寄りらの移動を支援する福祉車両を使った有償サービスを開始、飯田市八幡町の事務所前で出発式を開いた。

 11月に北陸信越運輸局長野運輸支局の認可を得た。福祉車両は車いす対応型1台、シート回転型1台、セダン型1台の計3台。県の「地域支え合い体制つくり事業」の助成金を有効活用した。

 ドライバーは全員国土交通省直轄の移送サービス運転手講習会を受講した福祉有償移送の運転資格を保有しており、ヘルパー2級の資格を持ったドライバーも多い。目的地までの移動に加え、目的地での買物や病院付き添いなど外出の寄り添いも応援する。

 利用料金は最初の1キロ400円、2キロで500円など乗車から目的地到達までの距離制で、市の運営協議会によって認められた適性料金を導入。付き添いは時間制を適用する。身体障害者手帳の所有者、要介護・要支援の認定を受けている人などが対象で、会員登録(年会費1000円)が必要。

 出発式で下井代表理事は「需要が多く、必要なことと判断した。自治会などともコンタクトを取りながら地域に密着し、喜んでもらえるようなサービスを提供したい」と話していた。

 同団体は超高齢社会に備え、高齢者を中心にさまざまな支援活動を目的として、ことし2月に発足。これまでに「ホームヘルパー2級講座」を開講し、来年3月には21人の第一期修了生を輩出する。現在、理事13人、協力会員17人で約30人が利用登録している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54

佐藤市長「厳しい局面」

1月15日金曜日15:24

動物園で干支の引継ぎ

1月14日木曜日15:31

マスタープラン作成へ

1月14日木曜日15:18

田んぼリンクに笑顔広がる

1月13日水曜日15:16

全国に向けた練習の成果を

1月13日水曜日15:54

炎に「無病息災」の願い

1月12日火曜日15:21

熊谷氏無投票当選へ

1月12日火曜日15:59

新人のみが立候補予定

1月9日土曜日13:27

橋南の平和守るのは君

1月9日土曜日13:16

住民意向12日から再調査

1月8日金曜日15:07

豊作願う小正月飾り

1月8日金曜日15:23

地域への普及目指し

1月7日木曜日15:58








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞