「ワーキングホリデーde婚かつ」実施、農業体験と出会いを

社会

[ 2010年 9月 20日 月曜日 13時14分 ]

 飯田市は、ワーキングホリデーに「すねいるパーティー」を組み込んだ特別企画「ワーキングホリデーde婚かつ」を、9月の連休を利用して17日から20日まで3泊4日の日程で実施している。昨年度に引き続き、飯田下伊那の若手農家のグループ「かたつむりの会」と連携して企画したもので、地域の農業後継者の配偶者対策の一助としたい考えだ。

 ワーキングホリデーには30代から40代の8人(女性4人、男性4人)が参加し、市内の受入農家6軒で果樹や野菜などの農作業を手伝っている。このほか、後半の2日間高森町の「森の家」で開く「すねいるパーティー」のみの参加者が6人いる。関東5人、東海4人、関西2人、県内2人、北海道1人の内訳。出会いを求めて地域の農業後継者と「すねいるパーティー」で交流を深める。

 吹田市から参加した保育園栄養士の木太紀子さん(35)は17日昼過ぎ、北方で果樹園「かねみや農園」を営む宮下猛さん(51)方に到着。梨の袋を破り、収穫した梨を選別して出荷するため袋詰めをする作業を手伝った。昨年までワーキングホリデーに参加していた父親から今回の特別企画に「行ってみないか」と勧められ、初めて参加したという。

 木太さんは「保育園で給食を作っており、日本の食の大切さを感じている。子どもたちに安全なものを食べさせたいが、自給率が低く国産品は高い。農業を体験する機会があるなら参加してみたい」と意欲的。すねいるパーティーも楽しみにしており「職人タイプの男性」を求めている。

 受入農家の宮下さんは「ワーキングホリデーが始まった当初(1998年秋)から2人ぐらいずつ受け入れている。春はりんごの花摘み、秋は市田柿の作業を手伝ってもらい大変助かっている。事業を通じて就農した人も数人おり、1人でも農業をやってくれる人が増えればいい。特別企画は今回初めて受け入れたが、木太さんは農業に興味を持っているので、ぜひこちらへ嫁ってもらえれば」と声援を送る。

 

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞