「山法師」に信州エコ大賞、多彩な環境保全活動たたえ

社会

[ 2013年 10月 23日 水曜日 15時19分 ]

 環境保全活動に積極的に取り組む個人や団体をたたえる県環境審議会主催の「第15回信州エコ大賞」の大賞に、飯田市のNPO法人「いいだ自然エネルギーネット山法師」が選ばれた。21日に中島武津雄理事長らが同市役所を訪れ、牧野光朗市長に受賞を報告した。

 山法師は2002年に資源やエネルギーの地産地消による環境保全と地域活性化を目的に発足した。08年に太陽光発電や風力発電など7種類の自然エネルギー施設を備えた化石燃料ゼロハウス「風の学舎」を同市下久堅に開設。全国からの環境・体験学習を主体とした研修を受け入れており、年間の訪問者数は約1800人に上る。

 分野横断・連携のユニークな取り組みも特長で、遊休農地を利用した都市農村交流事業「大豆人(マメジン)プロジェクト」もその一つ。持続可能な社会の構築を狙いにした「南信州フォーラム」での環境ツアーや体験学習なども手掛ける。

 市長訪問で中島理事長は「思いがけない大きな賞。民間の活動者の励みになればうれしい。少しでも活動を長く続けていきたい」と話した。新たな試みとして「まき」の生産・提供拠点の開設に取り組んでいるという。

 受賞報告で牧野市長は「他の団体の良い模範になる。素晴らしい取り組みを地域内外に発信してほしい」と期待。「ドンと花火を打ち上げて終わり(の一過性の活動)でなく、一つ一つを丁寧に段々と進めていく姿勢が素晴らしい」と敬意を表していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞