「走行は正しく安全に」交通安全子供自転車大会

社会

[ 2010年 6月 15日 火曜日 16時26分 ]

 自転車競技を通じて交通安全への意識を高める「第40回交通安全子供自転車大会飯伊地区大会」が13日、飯田市松尾明の同市勤労者体育館で開かれた。山本、座光寺小学校の児童約30人が出場。実技と学科テストで日ごろの練習の成果を発揮した。

 飯田警察署(臼田勝信署長)と飯伊交通安全協会(蜂谷伸会長)が毎年、管内の小学校高学年児童を対象に開催。実技競技は1チーム5人(選手4人、補欠1人)で、山本から3チーム、座光寺から2チームが出場した。

 児童たちは体育館内に設けたS字や8の字、段差などの6コースを順に走行。等間隔に並んだ8本のピンをジグザグに進んだり、細い板上を通過したりの難所をスムーズに走り抜けると、観客席から盛んな拍手や歓声が送られた。

 冒頭あいさつで臼田署長は「交通事故でけがをしたり、命を落としたりしないよう、ルールとマナーを身につけるため、40年前に始まった大会だが、未だに事故は絶えない」と指摘。事故の大半が不注意に起因することを伝え「安全への意識を備えることが大切」と呼び掛けた。

 実技に続いて、交通規則や道路標識にちなんだ学科テストなどがあり、総合成績の上位チームに賞状やトロフィーが贈られた。優勝チームは7月17日に長野市のエムウェーブで開かれる県大会に出場する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26

自殺対策の推進促すキャラバン

9月15日土曜日13:24

園原に3万株のヒガンバナ 24日白蛇縁日で見頃に 特別御朱印も 

9月14日金曜日15:10

手遊びやダンスを 「にこにこステージ」に120組

9月14日金曜日15:19

コスタリカに熱い声援 サッカー観戦し交流も深める 松川町

9月13日木曜日15:43

特産「三紀層大根」種まき 2カ月後の収穫に思い馳せ 阿南町富草小

9月13日木曜日15:24

南部5町村の青年農業者が交流会

9月12日水曜日15:02