こども家庭応援センター「ゆいきっず」オープン

社会

[ 2015年 7月 2日 木曜日 9時02分 ]

 飯田市こども家庭応援センター「ゆいきっず」が1日、同市本町の市りんご庁舎内に本格オープンした。親子が遊んだり、交流したりできる2階のキッズルームでは、開所式に続いて記念音楽会があり、親子連れが園児の合唱やエレクトーン演奏などを楽しんだ。

 開所式で牧野光朗市長は「子育て家庭を孤立させることなく、地域で応援していくための施設。気軽に悩みを寄せてもらい、スタッフが各家庭に合った方法をアドバイスできれば。親子が伸び伸びと、くつろげる場に育てたい」と話した。

 音楽会の開始時点で13組の親子が来場。雨の中を歩いて来た市立丸山保育園(今宮町)の年長園児15人が「にじ」などを合唱し、エレクトーン演奏グループ「フィガロ」が子ども向けの楽曲を響かせた。

 未就学児と保護者を主対象にしたキッズルームは約80平方メートル。火曜日以外の午前9時―午後4時に「ゆいきっず広場」として、遊具やおもちゃ、絵本などを楽しんだり、軟らかいカーペット上を動き回ったりできる。「子育てアドバイザー」も常駐する。

 火曜日は子育て学習や親子イベントなどを行う「ゆいきっず講座」の会場になり、今月は14日に「絵本の読み聞かせ」、28日に「ゆいきっず所長の子育て講座」を開く。いずれも午前10時半―11時、入場無料で申し込み不要。

 ゆいきっず自体は、園児や児童生徒を含むすべての子育て家庭の応援施設。相談窓口は平日の午前8時半―午後5時15分に開設している。保健師、臨床心理士、作業療法士、保育士、家庭児童相談員、教育相談員など常駐職員は14人。他の専門家や関係機関とも連携し、各家庭の悩みや課題に応じる。

 このほか、子育て関連のさまざまな情報が得られ、授乳室を備える「すくすくサロン」(毎日午前9時―午後5時15分)、靴を脱いでくつろげて食事もとれる「ファミリースペース」(同午前9時―午後10時)などもある。

 臨床発達心理士で所長の蓑和巌さんは「利用者と一緒になって、親子がくつろげる場をつくっていく。気軽に相談や遊びに来てほしい」と呼び掛けている

 問い合わせは「ゆいきっず」(電話0265・22・4511内線5343)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58

安心して果物狩りを

9月11日金曜日15:52

拡大備えて検査体制充実

9月11日金曜日15:25








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞