コロナで困窮の家庭を支援

社会

[ 2020年 10月 14日 水曜日 15時55分 ]

 飯田市追手町の県飯田合同庁舎で14日、「コロナに負けない! 子ども応援フードドライブ」の第2回が行われた。生活に困っている人たちの支援に役立ててもらおうと、多くの住民らが食料品を持ち寄った。

 新型コロナウイルスの影響で家計が悪化し、食料支援を必要とする家庭が増える一方、イベントなどに合わせて開催していたフードドライブの活動は縮小傾向だった。

 このため、県庁と県内の各合庁では一斉フードドライブを企画。6月の第1回には、飯田だけで500キログラム以上の食料品が集まった。

 この日は、午前11時の受け付け開始直後から続々と住民らが合庁を訪れ、米や缶詰、レトルト・インスタント食品を職員らに手渡した。午後1時までの間に計311キログラムの食料品が持ち込まれた。

 合庁では来月19日にもフードドライブを実施する。缶詰、レトルト食品、カップ麺、乾パンなどの防災用食品、菓子などの常温保存できるものと米などの提供を求めている。

 食品は▽賞味期限が明記されており、期限切れまで1カ月以上ある▽未開封で、包装や外装が破損していない▽パッケージが日本語で表記されている―もの、米は2018、19年産で精米されているものに限る。

 南信州地域振興局県民生活係の福島ゆかりさんは「フードロスを減らすための取り組みでもある。新米の時期を迎え余った古米などを提供していただければ」と話していた。

 寄付された食品は、まいさぽ飯田、ほほえみのゆめプロジェクト、信州こどもカフェを通じて生活に困窮する世帯などへ届ける。支援が必要な場合は、フードバンク信州のホームページから申し込みができる。

 問い合わせは県民生活係(電話0265・53・0402)へ。

◎写真説明:県飯田合同庁舎でのフードドライブ

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞