サンあなんが阿南荘問題で記者会見

社会

[ 2011年 8月 5日 金曜日 9時55分 ]

 阿南町北条の特別養護老人ホーム阿南荘の移転改築に伴い、運営する社会福祉法人サンあなん(熊谷秋穂理事長)と阿南町が対立している問題で、同法人は4日、同所で記者会見を開いた。町が要求する運営への関与に対し「不法な行為」と主張。新阿南荘の指定管理者を公募することについては「継続的安定的なサービスの供給や職員の身分の確保のため、契約上の権利を守っていきたい」と反発した。

 阿南荘は、老朽化や個室ユニット化に伴い移転改築しており、新阿南荘が来年4月にオープンする。当初、法人側の建設の予定が公設民営へ変更されてからさまざまな点で対立が続いてきた。

 会見では熊谷理事長と代理人の長谷川敬子弁護士が出席し、法人としての見解を説明した。町側が低所得者対策が争点だとし法人の運営を批判したことについて「個室ユニットサービスでも利用料は従前通りという町の要求は受け入れている」と反論した。

 「当初、個室ユニット化に対し町が多床部屋導入を要請したのにも関わらず、公設となってからも多床室をつくるという話にならなかった。補助金の出ない多床室をつくらないというのは功利的」と批判。「個室化でサービス向上させる一方で利用料は従前通り、というのは無理な要求だが、それも受け入れる方針で争いはない」とした。

 経営について町が要求する▽議会選出の理事を加える▽評議委員会の設置▽救護施設と特養施設の人事交流―などについて「経営の根幹に関わる問題。自主性を重んじ不当な関与を禁止している社会福祉法に違反する行為だ」と強く批判した。

 また、新阿南荘で新たに指定管理者を公募することについて「2007年4月に交わした協定書に基づいて、2014年3月31日まで阿南荘の管理運営を継続する」と主張し、町と争う姿勢を示した。継続の望む理由として▽福祉サービスの継続・安定▽職員の雇用確保▽契約上の権利―の3つを掲げた。「町が強行に公募を進める場合は、法的な対応も辞さない」とした。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10

不在者投票で1票

10月15日木曜日15:49

「支えてくれた方に感謝」

10月15日木曜日15:42

コロナで困窮の家庭を支援

10月14日水曜日15:55

タヒチアンダンスで活躍

10月14日水曜日15:53

治部坂高原色付き始める

10月13日火曜日14:39

増設の上郷でも始まる

10月13日火曜日14:29








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞