シルクプラザでふるさと就職面接会

社会

[ 2016年 6月 4日 土曜日 8時37分 ]

就職面接会 大学などを来春卒業する予定の学生、3年以内の既卒者を対象とした「ふるさと就職面接会2017」が3日、飯田市育良町1のシルクプラザで開かれた。開場の午後2時までに78人が来場し、57社の人事担当者らと面談した。

 選考活動の解禁に合わせ、飯田職業安定協会と飯田公共職業安定所(ハローワーク飯田)が大学、短大、専修学校などの卒業予定者、3年以内の既卒者を対象に開いた。

 理系、文系などで色分けしたリボンを付けた学生たちは、関心のある企業のブースに向かい、会社訪問や採用試験、面接などについて熱心に質問を重ねた。

 印刷関係の仕事を希望する女子学生は「これまで都内で就職活動をしてきたが、自分の幸せはふるさとに帰り、親の近くで暮らしながら働くことだと分かった」と話していた。

 飯田市役所内のジョブカフェいいだは同じ会場で午前に「就職活動支援セミナー」を開講。学生が「求人情報と労働契約書の見方を中心とした企業選びのコツ」を学んだ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13

現新23人が出馬準備

2月20日土曜日13:42

ブロックごと体制構築

2月19日金曜日15:51

小黒川導水路トンネルが貫通

2月19日金曜日15:44

3団体がプロモ成果報告

2月18日木曜日15:28

137人・46社が参加

2月18日木曜日15:51

移住促進を一体的に

2月17日水曜日15:12

飯田市予算案21年度474億円

2月17日水曜日15:01

移住や広域観光で連携

2月16日火曜日15:23










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞