ナビスタッフが事業所内保育所始める

社会

[ 2017年 10月 7日 土曜日 14時05分 ]

003hoiku

 人材派遣のナビスタッフ(飯田市松尾代田)が飯田市に申請していた事業所内保育所が2日に認可され、「保育室コッコロ」としての運営をスタートさせた。飯田の事業所内保育所としては第1号となる。

  国の制度が変わり、少人数の保育所が認可されるようになったのを受け、2006年に同社近くに開設した託児所をより充実させよう―と申請。働き方改革の一環と位置付けている。

  定員10人、未満児対象の小規模型で、保育士は4人。園長は同社の牧内隆志社長が務める。

  施設は同社から徒歩2、3分の八幡町にある平屋の一戸建てを改修して活用。園児は現在10人で、内訳は関連会社の伊坪ビジネスを含む従業員の子どもが4人、その他が6人となっている。

  牧内社長は「働き方改革として女性の活用は重要だが、飯田下伊那では未満児保育の需要が高く、ほとんど定員いっぱいという状況で、子育て中の女性が安心して働ける環境を整えたいと考えた。当社では産休明けにすぐ職場復帰している例もある」と話している。

  慈光松尾保育園と園児・保育士の交流、認定こども園のビバチャイルドとは給食の提供で提携している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞