メガソーラーいいだの現場を公開

社会

[ 2010年 11月 11日 木曜日 9時37分 ]

 飯田市と中部電力が共同で川路城山の天竜川治水対策事業土取場跡地(市有地)に来年2月の運転開始を目指す「メガソーラーいいだ」の建設事現場で10日、太陽光パネル設置工事が公開された。8月9日に着工して以降、工事は順調に進んでおり、今月4日から太陽光パネル設置工事を開始した。

 設置工事を公開した中電長野支店の担当者によると、1万8000平方メートルの敷地に4704枚の太陽光パネル(太陽電池モジュール)を設置する。横1メートル、縦1・7メートルの太陽光パネルを、一番奥の北側から架台(基礎)工事をしながら手作業で並べていく。

 現在は準備段階で9日までに86枚を設置したが、これからピッチを上げ1日に百数十枚を設置していく。12月までに設置を完了し、電線をつないで試験運転を行い、2月から運用開始する予定。

 新設する「メガソーラーいいだ」は、最大出力1メガワット(1000キロワット)の太陽光発電を行う。年間発電量は約100万キロワットアワーで、一般家庭の需要に換算すると300世帯分に相当する。太陽光で発電した電気は下瀬変電所に送り、その周辺世帯に供給すると説明した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞