ランドセルは海を越えて

社会

[ 2020年 3月 23日 月曜日 15時13分 ]

 「思い出のつまったランドセルを寄付して役立ててみませんか」―。飯田市の中心市街地「丘の上」の母親有志が使わなくなったランドセルの寄贈を呼び掛け、21日に飯田市箕瀬町の柏心寺で収集活動をした。46個が集まり、フィリピンやタイの子どもたちに贈る。

 2年前、同市大久保町の秋元昌代さん(47)が、長男の小学校卒業を契機に有志らとともに企画。「またやってほしい」との声が上がり、次男が小学校を卒業する今年に再企画した。追手町、浜井場、丸山の3小学校に事前に呼び掛けた。

 小学校の6年生らが保護者と訪れ、大事そうにランドセルを置いていった。中には傷のないきれいなものも。きょうだいや友人などの分まで複数持ち込む保護者の姿も見られた。3小学校以外の児童や保護者からも寄せられ、計46個のランドセルが集まった。

 Tシャツなど夏物の服や靴、文房具などの寄贈も呼び掛け、多数が持ち込まれた。

 柏心寺(安静達祐住職)が活動に協力し、受け渡し場所を提供した。

 預けられたランドセルは、エコトレーディング(愛知県小牧市)を通してフィリピンやタイの子どもたちに贈られる。

 追手町小6年の児童(12)は「また使ってもらえると思うとうれしい。自分のランドセルで楽しく学校に通ってほしい」と話した。

 秋元さんは「たくさん届けてもらってありがたい」と感謝し、「寄付など1人ではどうしたらよいか分からない人もいたと思う。再利用として少しでも支援につながれば」と話していた。

◎写真説明:ランドセルを寄贈する児童(飯田市箕瀬町の柏心寺で)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

自然とアートが融合

5月10日月曜日15:58

飯田が17年ぶりに南信制す

5月10日月曜日15:51

村の新たな観光拠点に

5月8日土曜日13:17

30匹が元気よく

5月8日土曜日13:01

「参加者の安全確保して」

5月7日金曜日15:42

屋外で多彩な催し

5月7日金曜日15:53

2度の延期乗り越え門出祝う

5月4日火曜日13:01

クリンソウが開花

5月4日火曜日13:10

焼き肉のたれでヒットを

5月3日月曜日13:00

子どもたちの声援を力に

5月3日月曜日13:22

連帯し未来切り開く

5月1日土曜日13:38

地区に響く茶摘み唄

5月1日土曜日13:25

2年ぶり開催向け協議

4月30日金曜日15:45

新緑に映えるこいのぼり

4月30日金曜日15:24

市田柿の皮でのど飴

4月29日木曜日13:48










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞