不安の声 営業自粛も

社会

[ 2020年 4月 17日 金曜日 15時36分 ]

 緊急事態宣言が16日、長野県を含む全国に拡大され、飯田下伊那地域の商店主らからは「これからどうなるのか」と不安の声が聞かれ、宣言で営業自粛を決めた施設もあった。

 飯田駅前でたこ焼き屋「デコちゃん」を営む田中八千代さん(51)は「客足は飯田管内で出てからぐっと減った。店は続けているが利益はほとんどない」、市街地で飲食店(オールドウエスト)を経営している田中由春さん(66)は「売り上げは10分の1。イベントもできないし、これからどんな対策が取られるかもわからない」と不安を口にした。

 緊急事態宣言の全国拡大を受け、センゲキシネマズは17日から当面の間、トキワ劇場は18日から5月7日まで一時休館する。ともに17日までに決めた。

 トキワ劇場の堀秀麿社長(64)は「できるだけ続けようとさまざまな安全策を講じてきたが、営業を自粛せざるを得ない状況になった。また笑顔で皆さんをお迎えできるよう、ご自愛いただけたら」と話した。

 17日から宿泊部門、レストランを5月6日まで休業し、テークアウトや問い合わせに対応しているシルクホテルの中田勝己社長(62)は「宿泊業は地域あっての仕事。お客さま、スタッフへの感染を抑制しなければという思いも非常に強く、国や地域の方針に全面的に従う。その間に新型コロナ収束後をイメージし、今後の展開を考えていくしかない」と話した。

 休校中の学校の今後を心配する声も聞かれた。市街地の学校に通う小学生の母親(39)は「休校が実際いつまで続くのか分からない。仕方がないことだが、子どもたちのストレスもたまっていて、はけ口が見つからない」と話した。

◎写真説明:17日午前の飯田市街地

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

主題歌にグリムスパンキー

8月7日金曜日15:14

リニア駅新設の手続き開始へ

8月7日金曜日15:17

22年春オープンへ整備

8月6日木曜日15:31

劇場型機能を集約

8月6日木曜日15:56

「小中併設校」化を答申へ

8月5日水曜日15:11

「次郎長貨幣」8日発売

8月5日水曜日15:47

名場面がスタンプに

8月4日火曜日15:21

子ヤギ30頭の競りに沸く

8月4日火曜日15:57

御用聞き事業本格スタート

8月3日月曜日16:47

飯田市で販売始まる

8月3日月曜日16:14

学生主導で魅力伝える

8月1日土曜日13:33

「適正な森林管理の継続を」

8月1日土曜日13:37

古墳文化に親しんで

7月31日金曜日15:03

「夏休みに読書楽しんで」

7月31日金曜日15:04

飯田の会社員男性「陽性」

7月30日木曜日15:25








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞