両陛下がりんご並木ご訪問で東中生と交流

社会

[ 2016年 11月 18日 金曜日 15時32分 ]

002りんご並木※県提供

 天皇、皇后両陛下は17日午後、飯田市の中心市街地にあるりんご並木を訪問し、管理をしている同市立飯田東中学校の生徒たちと交流された。皇太子時代の1969(昭和44)年の訪問時のことも振り返り、「よくここまで育てて来られましたね」とねぎらいの言葉を掛ける場面も。中学生たちと気さくに言葉を交わし、現在の管理の状況なども聞いた。(写真は県提供)

 両陛下は、ふじを管理する2年1組の生徒ら36人が行った収穫作業の様子を見守った。

 3年生で並木委員長の伊藤千輝君(15)、副委員長の中山ゆきのさん(同)が、写真を添えて手書きの説明文を記した資料を示し、47(同22)年の飯田大火からの復興のシンボルとして市民に愛されてきた並木の歴史や、「もっと多くの人に存在を知ってもらい、まちづくりに貢献したい」とする生徒たちの願いを紹介。両陛下から「この木の種類は何ですか」などと声を掛けられる場面もあった。

 生徒や案内した熊谷邦千加校長(56)によると、両陛下は69年に訪問したことを覚えていて、当時に植えられた木がまだ残っていることを聞くと、天皇陛下は「ああそうですか」と感動された様子だったという。

 両陛下はその後、収穫作業をしていた中学生たちに近づき、声を掛けた。

 天皇陛下は「多くの実がなってしまった場合はどうするのですか」と質問し、摘果作業の様子を聞いた。皇后さまは手を伸ばしてリンゴを受け取り、「赤くて大きなリンゴですね」と言葉を掛けた。

 皇后さまが聞きたいと望み、生徒たちは並木を題材にしてつくられた歌で、作業後などに歌っている「りんご並木Forever」を披露。両陛下は「すぐに美しい声で歌えるんですね」と声を掛けた。

 伊藤君は「先輩たちの60年余にわたる伝統の継承があったからこそ、天皇・皇后両陛下のご訪問が実現したと思う。あらためてりんご並木の素晴らしさをかみしめ、伝統を大切に守っていきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30