防犯カメラやLED照明設置 飯田市の中心市街地

社会

[ 2014年 12月 24日 水曜日 12時53分 ]

 飯田市中心市街地では、昨年から相次いで発生した不審火を契機に、「地域の防犯力強化を図ろう」と、中小企業庁が行う「商店街まちづくり事業(補助金)」を活用し、防犯カメラを設置する取り組みが進んでいる。

 同事業は、地域住民の安心・安全な生活環境を守るために実施する防犯カメラの設置や子育て・高齢者支援施設の整備、高齢者向け宅配サービスの提供などの取り組みに対し、要する費用の3分の2を補助するもの。

 中央通3丁目商栄会は、町内の中央通および裏通りに全9台の防犯カメラを設置し、20日から運用を開始した。このうち4台については、自治会館などに設置したモニターで、リアルタイム画像、録画画像をすぐに確認できる仕様に。夜間も鮮明な映像の記録が可能なため、事件、事故が発生した際には、解決への大きな助けになることが期待される。

 一方で、プライバシー保護の観点から運用には細心の注意を払いマニュアルを作成。管理責任者を置くとともに、個人での映像確認はできないなどの規定を設けた。本間博行自治会長は、「カメラの設置が犯罪の防止につながることを期待したい」と話した。

 知久町2丁目商栄会は今月10日に、防犯カメラの設置に合わせ老朽化したアーケード照明をLED照明に一新した。従来の60灯から40灯へと照明の数は減らしたものの、明るさは格段にアップ。地区住民をはじめ来店者らにも好評だ。

 防犯カメラは全8台を設置。ごみ置き場周辺を中心に備え付けた。春宮富夫商栄会長は「LED照明と防犯カメラで安心、安全な環境の向上が図られた。今後も、商店街を行き交うお客様が、安心して買い物ができるまちづくりを進めていきたい。1月2日には恒例の初売も早朝6時から各店で行われる。明るくなった商店街にぜひお越し下さい」と呼び掛けている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

元気が出るバッグ発売

5月18日火曜日15:42

議長に井坪隆氏選出

5月18日火曜日15:31

安全な残土搬出へ連携密に

5月17日月曜日15:29

深さ30メートルの立坑初公開

5月17日月曜日15:08

「集団接種」がスタート

5月15日土曜日13:00

早くも上がる水しぶき

5月15日土曜日13:42

定数超の13派出席

5月14日金曜日15:13

「飯田北改良」構造物設計

5月14日金曜日15:14

環境対策工を一部変更

5月13日木曜日15:04

環境対策巡る懸念伝える

5月13日木曜日15:11

山梨工区の広河原斜坑を公開

5月12日水曜日15:51

学習の集大成を披露

5月12日水曜日15:24

開始早々初回分埋まる

5月11日火曜日15:49

東北にいってらっしゃい

5月11日火曜日15:41

自然とアートが融合

5月10日月曜日15:58










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞