仏教保育園児らが初差出式~年賀状の投かん始まる~

社会

[ 2013年 12月 17日 火曜日 15時45分 ]

 飯田市鈴加町の飯田郵便局(加藤眞局長)で15日、2014年用年賀状の初差出式が開かれた。式には同市箕瀬の飯田仏教保育園(早川英章園長)の年長園児22人が参加。保護者らが見守る中、飯田動物園の動物に宛てて書いた年賀状を、一人一人専用ポストに投かんしていった。

 ことし5月、開園60周年を迎えた飯田動物園の記念式典で、ステージ発表を行い動物たちへの愛着を深めた園児ら。そこで、同園が行うイベント「動物たちに年賀状を送ろう」に初めて参加し、ポニーやペンギン、ウサギ、モルモットなど、好きな動物たちの姿を思い出しながら、絵や「また会いに行くね」などの文章を記した。

 早川園長は「楽しみながら日本の伝統的な習慣に触れる良い機会になった。まして、記念すべき初投かんを務めさせていただけるとは」と笑顔。また、加藤局長は「動物たちだけではなく、友だちやおじいちゃん、おばあちゃんにもぜひ年賀状を送って下さい」と呼び掛けていた。

 同局では、年末年始は郵便窓口の混雑が予想されることから、平常営業に加え臨時窓口を開設する。臨時開設日は22、23、29日の午前9時―午後3時、31日午前9時―午後7時、1月2、3日の午前9時―午後3時。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)