停電続く阿智村浪合に移動販売 温泉の無料開放なども

社会

[ 2018年 9月 6日 木曜日 15時47分 ]

浪合の停電地域で移動販売(5日夕方)

 4日の台風21号の影響で、飯田下伊那の各所で停電が続いた。阿智村浪合は4日午後5時ごろから、広い範囲で停電が続いた。村は5日、停電地域の住民に温泉施設を無料開放したほか、民間業者に要請して移動販売を行うなどの対応を行った。

 浪合地区では5日、中心部などが復旧したものの下半堀、荒谷、恩田、宮の原、宮本、治部坂高原あららぎ別荘地などで停電が続いた。村職員らは停電世帯で困りごとの聞き取りを実施。「電気温水器なので風呂に入れない」「冷凍食品がだめになってしまった」「携帯電話の充電ができない」などの声が寄せられた。

 村は昼神温泉の「湯ったりーな昼神」で停電地域の住民が無料入浴できるようにしたほか、村役場浪合振興室に、携帯電話など必要な機器を充電できるスペースを設けた。

 また、遠方への買い物が難しい高齢者世帯の支援のため、村内で移動販売を手掛けるセブン―イレブン飯田山本店に協力を要請。5日夕方と6日午前中の2回、臨時の移動販売を行った。

 下半堀で移動販売車に訪れた女性(60)は「停電で冷蔵庫や風呂が使えなくなった。仕事に出ると家が年寄りだけになってしまう。何か食べるものがあるだけで助かる」と話した。

 5日夜は希望者が自主避難できるよう浪合振興室を開放した。6日午前中までに宮の原、宮本などで復旧したが、正午現在も停電地域が残っている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞