停電続く阿智村浪合に移動販売 温泉の無料開放なども

社会

[ 2018年 9月 6日 木曜日 15時47分 ]

浪合の停電地域で移動販売(5日夕方)

 4日の台風21号の影響で、飯田下伊那の各所で停電が続いた。阿智村浪合は4日午後5時ごろから、広い範囲で停電が続いた。村は5日、停電地域の住民に温泉施設を無料開放したほか、民間業者に要請して移動販売を行うなどの対応を行った。

 浪合地区では5日、中心部などが復旧したものの下半堀、荒谷、恩田、宮の原、宮本、治部坂高原あららぎ別荘地などで停電が続いた。村職員らは停電世帯で困りごとの聞き取りを実施。「電気温水器なので風呂に入れない」「冷凍食品がだめになってしまった」「携帯電話の充電ができない」などの声が寄せられた。

 村は昼神温泉の「湯ったりーな昼神」で停電地域の住民が無料入浴できるようにしたほか、村役場浪合振興室に、携帯電話など必要な機器を充電できるスペースを設けた。

 また、遠方への買い物が難しい高齢者世帯の支援のため、村内で移動販売を手掛けるセブン―イレブン飯田山本店に協力を要請。5日夕方と6日午前中の2回、臨時の移動販売を行った。

 下半堀で移動販売車に訪れた女性(60)は「停電で冷蔵庫や風呂が使えなくなった。仕事に出ると家が年寄りだけになってしまう。何か食べるものがあるだけで助かる」と話した。

 5日夜は希望者が自主避難できるよう浪合振興室を開放した。6日午前中までに宮の原、宮本などで復旧したが、正午現在も停電地域が残っている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

震災から10年振り返る

3月8日月曜日15:23

高校生が鳥居を製作

3月8日月曜日15:13

3カ月ぶり水しぶき

3月6日土曜日14:54

「願いかなえてさくら咲け」

3月6日土曜日13:58

コミュニティスクール発足

3月5日金曜日15:54

ICTによる貢献誓う

3月5日金曜日15:28

演劇通じコミュニケーション

3月4日木曜日15:56

「駅前プラザ」(仮称)イメージ示す

3月4日木曜日15:34

「森林環境教育の模範」

3月3日水曜日15:56

安全に遊べるおもちゃを

3月3日水曜日15:40

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19










記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞