健全育成呼び掛け街頭啓発

社会

[ 2011年 7月 4日 月曜日 9時26分 ]

 7月の「青少年の非行・被害防止全国強調月間」と「青少年に有害な社会環境排除県民運動強化月間」に合わせて、県下伊那地方事務所などは1日夕、青少年の健全育成や非行防止を呼び掛ける街頭啓発を飯田市と高森町の大型店4カ所で繰り広げた。

 飯田保健福祉事務所や飯田児童相談所などの県現地機関、市町村、警察、小中高の校長会などの関係者ら21人が参加した。大人たちが地域の子どもたちに対し、良い点はほめ、悪い点は注意するなどして積極的にかかわる「愛の声かけ運動」の周知も図り、実行を促した。

 飯田市鼎一色のイオン飯田アップルロード飯田店では「伸びよう 伸ばそう 青少年」のたすきを着けた下伊那地事所の久保田篤所長ら6人が2班に分かれて活動。有害サイトへのアクセスを制限する「フィルタリング」を推奨するポケットティッシュのほか、青少年の各種相談窓口が記された啓発冊子などを買い物客らに手渡した。

 飯伊の県現地機関などは青少年や家族の悩みを聞く相談窓口を無料で開設しており「一人で悩まずに気軽に相談を」と呼び掛けている。主な項目別の受け付け機関と電話番号は次の通り。

 ▽児童悩みごと=飯田児童相談所(電話25・8300)▽学校関連=南信教育事務所飯田事務所(同53・0462)▽いじめなどの悩み=飯田署生活安全課(同22・0110内線233)、阿南署生活安全・刑事課(同0260・25・0110内線261)▽健康の悩み=飯田保健福祉事務所(同53・0444)▽青少年対策の情報=下伊那地方事務所地域政策課(同53・0402)▽子どもの人権=長野地方法務局飯田支局(同22・0014)▽青少年の消費者相談=飯田消費生活センター(同24・8058)。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞