児童養護施設児童対象に初の消費生活講座

社会

[ 2013年 3月 16日 土曜日 13時14分 ]

   若者が被害に遭いやすい消費者トラブルを防ぐため、新たな取り組みとして、児童養護施設に入所している児童を対象にした消費生活講座が14日、飯田市追手町の県飯田消費生活センターであった。

 高校生を対象にした消費生活講座は、学校側からの要請に応じて以前から毎年4、5校開催。昨年4月には大学・短大・専門学校の入学生を対象に開いた。今回は、県児童養護福祉施設連盟の協力を得て、県内4カ所の消費生活センターで初めて開催した。

 南信地区を管内とする飯田消費生活センターでは、4施設のうち2施設の高校生と職員が参加。上沼和則所長から▽悪質商法の具体的な手口やその対処方法▽携帯電話やスマートフォーンの利用上の注意事項、ネットトラブルと対処方法―などについて説明を受けた。

 パソコンで検索中、無料動画サイトを見つけたのでアクセスしたところ、突然「登録ありがとうございます。2日以内に入会金9万9000円をお支払いください」などと書かれた画面が出てきたといった架空請求・不当請求をはじめ、出会い系サイト、インターネットショッピング・オークションなどの事例を説明。

 「怪しいサイトにはアクセスしない」「身に覚えがない請求は支払う必要はない」「個人情報を知られるおそれがあるので、身に覚えがなければ請求の相手先には連絡をしないで無視する」などとアドバイス。「困ったことがあったら1人で悩まず、すぐに相談する」よう呼び掛けた。

 同センターによると、県内で2011年度の相談件数は152件。ケータイやパソコンなどのネットトラブルが63件と最も多く、次いで不動産関係が21件などの内訳となっている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

牧野市長「冷静な対応を」

3月28日土曜日13:36

帰省中の20代男性陽性

3月28日土曜日13:22

伊那市で伊那谷自治体会議開く

3月27日金曜日15:05

ラッピングデザイン一新

3月27日金曜日15:38

大鹿村20年後へメッセージ

3月26日木曜日15:31

第23回TOJ中止に

3月26日木曜日15:40

生徒会役員が「一日村長」

3月25日水曜日15:35

東京五輪・パラ五輪が一年程度延期に

3月25日水曜日15:49

阿部知事とJR東海・金子社長が会談

3月24日火曜日15:55

卒園児にお守り贈る

3月24日火曜日15:42

ランドセルは海を越えて

3月23日月曜日15:13

飯田の街にも春到来

3月23日月曜日15:17

“つなぎ舟”の進水式

3月21日土曜日14:10

人面把手付土器が出土

3月21日土曜日14:34

“15の春”に喜びあふれ

3月19日木曜日15:20








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞