公共バスや乗合タクシーの利用実績

社会

[ 2015年 3月 10日 火曜日 9時49分 ]

 飯田下伊那の14市町村や国、県、公共交通事業者、商工団体などでつくる南信州地域交通問題協議会(会長・牧野光朗飯田市長)の本年度総会が9日に飯田市内であり、飯伊地域を走るバスや乗合タクシーの14年度上半期(4―9月)の利用実績が報告された。バス全32路線の計は15万1479人で前年同期間比4・3%(6176人)増えた。基幹の3路線全てで増加し、全体の引き上げにつながった。

 基幹のうち、全路線で最も利用者数が多い駒場線は10万6298人となり、同5・7%(5746人)の増。阿島線は1万1084人で同18・9%(1760人)、阿南線は11・6%(2658人)増えた。

 准基幹の5路線のうち、遠山郷線は9568人となり、同14・3%(1194人)の増。利用数こそ1004人と少ないものの平岡線は同22・6%(185人)伸びた。

 支線は主な利用者となる高校生の増減が影響することもあってか、ばらつきがみられ、全24路線のうち13路線は前年同期比で減少した。

 一方、乗合タクシーの全12路線(准基幹2、支線10)の利用者数は計1万2876人で、同1・6%(198人)のほぼ横ばいだった。

 南信州広域連合事務局は基幹路線や準基幹路線の利用者増について「飯田市中心部へ移動する手段として、バスの利用者が増えているのではないか」と分析している。

 路線バスの定期券については、販売枚数は2118枚で6・5%(130枚)増、販売額は1540万円で1・7%(26万3000円)増。販売額は学生定期は堅調だった一方、一般利用が9・8%減っており、同事務局は「一般利用者への利便性の向上が課題」としている。路線バスの回数券の販売額は956万円余で11・8%増だった。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10

不在者投票で1票

10月15日木曜日15:49

「支えてくれた方に感謝」

10月15日木曜日15:42

コロナで困窮の家庭を支援

10月14日水曜日15:55

タヒチアンダンスで活躍

10月14日水曜日15:53








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞