凍霜農作物被害1億円超に、ナシや市田柿など全域で

社会

[ 2013年 4月 24日 水曜日 15時27分 ]

 12、13日と22日朝の低温で飯田下伊那地域では、果樹や野菜などの農作物に凍霜害が発生した。集計中のJAみなみ信州によると、花付けの時期を迎えているナシや特産の市田柿、アスパラガスなど、飯伊全域で被害が出ていて、総額は1億円を超えると見られている。

 この時期では比較的強い寒気が入ったため、飯伊でも12、13日、22日に気温が低下。飯田では12日朝の最低気温が氷点下0・4度、13日が氷点下1・5度、22日が氷点下0・3度まで低下した。

 JA営農部によると、農作物被害は飯伊全域に及び、12、13日のみの被害で1億円を超える見通しとなっている。

 果樹では、花付けの時期を迎えているナシの幸水など早生種の花芽が凍害で褐色に変色し、受粉ができなくなる被害が発生。ナシのみで被害額は3000万円を超えると試算している。

 市田柿は新芽に凍害が発生。22日の低温でさらに被害が拡大している。

 果樹ではモモ、ウメ、ブドウ、野菜ではアスパラガスなどにも被害が出ているほか、リンゴの被害は調査中で、同額に含まれていない。

 JAは春先から常設の対策組織を設け、凍霜害への対応を指導。部会を通じ、品目別に応じた対策を呼び掛けている。

 飯田市座光寺の上段でナシ、モモ、リンゴを栽培している男性(53)は、22日午前3時から二十世紀を育てているナシ園で固形燃料を燃やした。

 「12、13日の低温で花が凍ってしまった」といい、ほ場の温度を上げるために措置をとった。

 「現在が開花中でもっとも低温に対して弱い時期。褐変は見られなかったが、青梨のため、結実不良や結実後のサビの発生が不安だ」と話した。23日朝も予報以下の気温となったため、5時から固形燃料を燃やした。

 長野地方気象台によると、24日は南から温暖な空気が入るため、朝の最低気温は上昇するという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

買い物対策、交流の場に OIDE長姫生が橋北にスーパー開店

10月20日土曜日14:02

リニア注目「参加したい」 下條中で未来を語る会開く

10月20日土曜日14:02

丹精した菊鮮やかに 喬木村伊久間でまつり

10月19日金曜日15:12

遭難男性の遺体発見 キノコ採り中に滑落か

10月19日金曜日15:52

語り継ぐ、繰り返さない 泰阜村で戦没者と開拓犠牲者追悼式

10月18日木曜日15:20

「菊慈童」など朦朧体作品 美博の春草常設展示 28日まで

10月18日木曜日15:30

木格子大屋根を象徴に 飯田市がリニア駅周辺デザイン案

10月17日水曜日15:11

南アルプスが初冠雪 平年より8日早く

10月17日水曜日15:22

リニア中間駅3県で研究会 長野、岐阜、山梨知事が懇談

10月16日火曜日15:52

飯田駅のリンゴ色蘇る 塗り替え作業完了迫る

10月16日火曜日15:27

レスリング選手にハンガー贈呈 天龍中が五輪応援プロジェクトで

10月15日月曜日15:05

キノコ採り遭難事故急増 飯田署が注意喚起

10月15日月曜日15:11

松川町 候補地「断念」、取り下げへ リニアガイドウェイ計画で

10月13日土曜日14:01

かぶちゃん農園関連2社が破産 ファームと信州乳業

10月13日土曜日13:52

戦後73年・伝える記憶5 一木大佐通じて平和考えて 関口さんが検証本出版

10月13日土曜日13:14