前向きな採用呼び掛け、学卒求人手続き説明会

社会

[ 2011年 4月 21日 木曜日 15時46分 ]

 来春の新規学卒者採用をめぐる手続き説明会が19日、飯田市上郷別府の飯伊地場産業振興センターで開かれ、飯田公共職業安定所(高野元良所長)が各事業所に手続きの流れや公正採用のあり方を説明した。長引く景気低迷を受けて飯伊の雇用情勢は依然厳しく、改善を急務とする同職安は前向きな採用を呼び掛けた。

 毎年この時期、地元の事業所を対象に開いている。

 ことしは昨年を6社上回る60社から採用担当の63人が出席。手続きの流れや公正な選考採用のあり方、関連する制度などについて説明を受けた。

 3月卒の就職状況は、高校卒業生の就職内定率が前年を0・2ポイント上回る95・3%に達し、高校から大学などまでを対象にした求人受理数も前年を6・6%(人数)上回る740件1258人まで回復し、厳しさのなかで善戦しているものの、東日本大震災を受けた景気低迷も予想され、先行きが見えない状況が続いている。

 高野所長はあいさつで、回復の兆しが見られるものの、依然として1倍を割り込んで低迷している求人倍率の状況を伝えて「さらに東日本大震災が地域経済に影響を及ぼす可能性がある」と指摘。「厳しい状況だが、組織活性化のためにも前向きな採用をお願いしたい」と呼び掛けた。

 説明会で同職安は差別のない求人採用、中途採用の求人とは異なる人事管理、大卒・高卒求人の切り分けなどを求めた。

 大卒予定者を対象にした求人受理はすでに始まっており、高卒予定者分は6月20日から受け付ける。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞