原付プレートデザイン決定~風越山に水引、リニア ~

社会

[ 2013年 12月 5日 木曜日 12時59分 ]

 移動の先々で飯田をPR―。飯田市は4日、原付バイク(排気量125cc以下)用に導入するオリジナルナンバープレートのデザインを公表した。公募と市民投票を経て採用されたのは高森町の加藤紀子さんの作品。排気量に応じた3区分で計2000枚を作成し、来年1月24日から交付する。「い・・・1」など人気が見込まれる計10点は事前に希望を受け付け、抽選で決める。

 加藤さんの作品は市のシンボルである「風越山(かざこしやま)」を背景に、伝統産業の「水引」であしらったレール上をリニア中央新幹線が走る様子が描かれており「歴史や伝統、未来も踏まえた飯田らしさが伝わるデザイン」(牧野光朗市長)となっている。

 市のオリジナルプレートの作成は、2027年に予定のリニアや三遠南信道の開通を見据えた地域づくりを進めるにあたり、市民に郷土への愛着をより深めてもらおうと企画。「動く広告塔」として対外的に広く飯田をPRする狙いもある。

 公募で全国から寄せられた79点の中から8点を選抜し、9―10月に市のホームページ上や各地区自治振興センターなどで市民投票を実施。投票総数は396票で、加藤さんの作品は最多の93票を獲得し、次点とは33票の差を付けた。

 「リニアの駅ができる飯田市を全国に広められれば」の思いも込めて、特色を表現したという加藤さん。自身は原付バイクには乗らないものの「多くの人がオリジナルのナンバープレートを付け、走行してくれるとうれしい」と期待していた。

 プレートは、地色が白の50cc以下は1500枚、黄色の90cc以下とピンク色の125cc以下は各250枚の限定。来年1月24日から、新規登録時の希望者に交付し、現行プレートとの交換も1回に限り応じる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞