大型連休本格化、事故もからみ松川で渋滞6キロ

社会

[ 2010年 5月 3日 月曜日 13時56分 ]

 大型連休が本格化した1日、高速道路は帰省や観光目的の車で混雑した。中央道松川インター付近では、午前11時ごろ上り線で乗用車とバイクの追突事故がからみ6キロの渋滞が発生した。

 絶好の行楽日和となったこの日、午前11時過ぎ現在で、中央道上り線は駒ケ根を先頭に14キロ、長野道下り岡谷トンネルで1キロの渋滞が発生した。

 中央道下りは午前中、比較的スムーズに流れたものの、飯田インター出口には帰省をはじめ、観光に訪れた岐阜や川崎、名古屋、大阪など県外ナンバーの車も目立った。

 帰省ラッシュのピークは3日までの見込み。6月の料金見直しを控え、最後の高速道路休日上限1000円となる大型連休は、過去5年間で最多の渋滞回数が予想されている。

 

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu



記事の検索はこちらから







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事