天候不順による野菜高騰で市内スーパー頭悩ます

社会

[ 2010年 4月 17日 土曜日 8時57分 ]

 多雨や低温など最近の天候不順で野菜の生育が遅れ、市場相場が値上がりしている。市内スーパーではキャベツを大幅な赤字覚悟で店頭販売しており、「去年並みになるのはゴールデンウイーク明けになるのでは」と頭を悩ませている。

 日照不足を原因に全国的に高値傾向にある野菜。市内に7店舗を展開するキラヤ=本部・飯田市松尾上溝=によると、ここ最近の市場相場はキャベツ1玉500円を超える状況から、16日現在で375円と下がってきているものの「厳しい状況」と話す。

 都内などでは1玉300円近い売価で販売されるなか「キャベツは低価格で提供する」という同社方針から、1家族2玉までとして、14日は新物1玉159円、16日は10円値上げして169円で店頭に並べた。

 半切りサイズは1玉のほぼ半額で、消費者のむだをはぶく購入スタイルから販売数を倍に増やした。「赤字だが、限界のところでなんとか安く提供していきたい」と話す。

 価格競争により、他のスーパーも価格を下げざるを得ない状況で、大型量販店などを含む市内スーパーでは、1玉200円を切る店が相次いでいる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞