天皇皇后両陛下が天龍峡を訪問

社会

[ 2016年 11月 17日 木曜日 16時55分 ]

002龍峡亭

 三六災害の被災地を視察した皇太子時代の1969(昭和44)年以来、47年ぶりに訪れた飯田市の天龍峡では、龍峡亭前でおかみの北原郁さんと牧野光朗市長、木下克志議長が出迎えた。両陛下は69年に飯田商工会館で山菜料理などを提供した北原さんから天龍峡の説明を受けてから、牧野市長や阿智村の熊谷秀樹村長らと会食し、晩秋の峡谷と松花堂弁当を楽しまれた。(写真は県提供)

 ロビーと同じ階の部屋に案内した北原さんは、窓から見える龍角峯など天龍峡十勝のいわれを説明。両陛下は「これが天龍峡ですか」「ここを舟が通るのですね」とお話しになると、峡谷の眺めを穏やかな表情で観賞された。

 十勝には書聖といわれた日下部鳴鶴が藤づるを命綱にして自筆の文字を刻んだと聞いた天皇陛下は「字は見えますか」、皇后陛下は「よく彫れましたね」と興味を示した。

 龍峡亭手前の駐車場や姑射橋(こやきょう)、県道沿いなどには午前9時台から住民が並び始め、日の丸の旗を手に両陛下の再訪を喜んだ。

 47年前の視察時に、川路駅付近で姿を見たという川路4区の女性(81)は「復興の碑をご覧になっていた時のお姿、お召し物が今でも思い出され、今日はどうしても来たかった」と話していた。

 近くで割烹料理店を営む女性(79)は両陛下を歓迎しようと、店の前で枯れかけていたベゴニア12鉢を黄色いビオラに植え替え、集まった多くの住民と一緒に両陛下を出迎えた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

猛暑の一騎打ち 阿部、金井候補が舌戦開始 知事選が告示

7月19日木曜日15:41

春草の「鎌倉時代闘牛の図」が市有形文化財に 学生時代に制作

7月19日木曜日15:14

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34